皆さんおはようこんにちはこんばんは。

死ぬほど久しぶりのくまごろーです(^(ェ)^)ノ


結婚式まであと一ヶ月を切りましたからもう時間ないです…あわあわしています。

ブログの更新が滞りまくっていて本当にすみませんです(苦笑)



ブログに出来なくとも常にレッドデーモンへの研究は続けているので、リアルに余裕が生まれ次第順次ブログは再開していく予定です。
モンへの研究は続けているので、リアルに余裕が生まれ次第順次ブログは再開していく予定です。



そして今回10月9日に吹上ホールにて机上オフに参加してきました!

リアルが忙しいとはなんだったのか…


image



その際に使用したデッキを紹介してほしいというありがたい声を頂いたので、今回紹介させていただく運びとなりました。

ありがてぇありがてぇ…

image






DHEROレモン/バージェストマデッキ


image

image

image



正直な話名前に困る…かっこいい名前に変えたい…

ですがデッキはその名の通り、DHEROにバージェストマをリゾネーターでつないだデッキになります。

基本的な戦術をおさえつつ、それぞれのシナジーを見ていきましょう。




ベアトリーチェの重要性

このデッキは彼岸世界のアイドル、ベアトリーチェが勝敗の鍵を握ります。


ベアトリーチェを作るためのルートは…

①レッドリゾネーターとダークグレファーor終末の騎士

② ダークグレファーとディアボリックガイorシャドーミスト

③見習い魔術師とディアボリックガイ

④見習い魔術師と終末の騎士orダークグレファー

⑤ダークグレファーとゾンビキャリア

⑥レベル4とおろかな埋葬と1チューナー


…と他にもパターンはありますが、デッキの大半のカードがベアトリーチェに繋がるよう構築されています。

それほどまでに/バスターデッキではベアトリーチェが必要不可欠です。


その最大の理由がバスター体のバスターモードの効果でのみデッキから特殊召喚できるの死ぬほど厄介なルールを回避する為です。


せめてテキストが「手札かデッキから」ならばこんなに辛くはなかったのに…


image





その制約故に/バスターモンスターは、出た当初から打出の小槌やリロードをデッキに投入しておくのがベストとまで言われていた事故札です。

素引きした場合コストにしかなりません。

/バスターを戻してドローするカードも存在しますが、そもそもの事故札を回避する為に新たな事故札を投入する意味もありませんからね…


そこで登場するのがゾンビキャリアです。

/バスターモンスターを手札に持っていても、墓地のこのカードでデッキトップに戻すことができます。

この戦術自体かなり使い古されたものですが、
ベアトリーチェの存在のおかげですぐに墓地におけるのはかなりの強みです。

また、/バスターモンスターだけでなく手札に来てしまったディアボリックガイを戻すのにも一役買ってくれます。


もちろんゾンビキャリア以外にもディバインガイやジェットシンクロンを落としたり、ベアトリーチェを立てる際に使用していないディアボリックガイを落とすのにも働くベアトリーチェ
は、事故回避と展開の両方を兼ね備えたDHEROと/バスターモンスターを繋ぐ重要札です。



まだまだ働くゾンビキャリア

ベアトリーチェ同様に酷使されるゾンビキャリアにはもうひとつ、バージェストマの素材としても休みなく働いてもらいます。

残業代なんか出ないよ


image



バージェストマは罠カード発動の際に墓地からチェーンしてモンスターとして特殊召喚される不思議なテーマです。

このバージェストマの効果で特殊召喚されたモンスターはフィールドから離れる際に除外されてしまいますが、エクシーズ素材とすることによりその制約を外すことができます。

それはゾンビキャリアも同じことであり、バージェストマオパビニアをエクシーズする素材とすれば、除外を回避することができます。

レベル2にはレッドリゾネーターも含まれるので、要所を見て布陣を固めましょう。





バージェストマの必要性

そもそもバージェストマが何故必要なのか。

フィールドを離れれば除外される罠モンスターをシンクロ素材に選ぶ意味はない筈です。

しかし…シンクロテーマにするからこそ、バージェストマのある罠カードが存在感を放つことになります。


image


バージェストマ・マーレラ

①:デッキから罠カード1枚を墓地へ送る。
②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。



バージェストママーレラが面白いのは、罠カードならなんでも落とせるというテキストにあります。

これに注目すると、なかなか面白いカードが見えてきます。



①光の護封霊剣

映画にて遊戯が海馬を守るために発動した永続罠カード。

光の護封霊剣は墓地から除外することで直接攻撃できなくする効果があります。

つまりマーレラ伏せエンドでも、墓地に送ることでワンキルされない状況を作り出せるということです。

素引きして手札に握っていても十分に強い防御札として機能してくれるのもポイント高いです。


②迷い風

新規の罠カード。

フィールドでは特殊召喚された相手モンスターの攻守を半分にしながら効果を無効にできる強力札ですが、墓地にある場合はエクストラからモンスターが特殊召喚されたとき、フィールドにセットできる効果があります。

十二分に強いのですが…このデッキにおいてさらに生かしやすい理由は、アルティマヤ・ツィオルキンが立ちやすいことにあります。

そもそもベアトリーチェが立ちやすいということはレベル6が並びやすいということ。

そのうち、片方をコーラルドラゴンやレベルを上げたアクセルシンクロンにすることでツィオルキンルートに変更できます。


つまり…ツィオルキンを立ててマーレラをセットしてシンクロモンスターを特殊召喚。

次の相手のターンにマーレラを発動し迷い風を墓地に送れば、相手はエクストラからモンスターを呼び出すとこちらが更なるシンクロモンスターを立ててくるという布陣を作り出せます。

アクセルシンクロンで墓地にジェットシンクロンを置いておけば、レッドデーモンアビスとクリスタルが並ぶ相手が死ぬタイプの布陣です(白目)



③スカーレッドコクーン

実はマーレラでレッドデーモン蘇生が可能です(一番のポイント)。

ここまでレッドデーモンのことになかなか触れて来なかったですが基本レッドデーモンの為のブログですからね!むしろバージェストマの紹介をしたかったのはこの為!勘違いしないでよね!


スカーレッドコクーンは墓地に送られたターンのエンドにレッドデーモンを蘇生します。

つまりマーレラで墓地にこのカードを送れば、耐性のないレッドデーモンを相手の妨害を受けにくいエンドフェイズで呼び出すことが出来るのです!

これはレッドデーモン使いとしても大満足なカードではなかろうか。

相手もまさかバージェストマでレッドデーモンを蘇生させるとは考えないでしょうから、完全に意表をつくことが出来ます。

実際オフ会でもやられた側はかなりビックリしていました(笑)



ちなみにマーレラ以外にも、手札のDHEROを切りつつ相手の除外をはさむディノミスクスや、除外された護封霊剣やゾンビキャリア、ディバインガイを除外ゾーンから墓地へ戻すレアンコイリアなど、拡張性の強いものをデッキに投入しています。

というよりバージェストマ自体が罠を含むデッキとかなり相性がよい為、今後新たな出張パーツとして考察できそうな予感がすごいです。



image


※バージェストマなら/バスターだけでなく、スカーライトの破壊にも巻き込まれないのでレッドデーモンとは意外にも相性がよいです!



必殺のロマンコンボ!

ここからはやや遊びのようなコンボになります、実用性は低いですが全く使えない手段ではありませんので試すのも一興くらいにご参照ください。


伏せにバスターモードが存在する状況で、レッドデーモンとクリアウィング(クリスタルも可)を並べます。

アルティマヤがいるなら普通に起こり得る布陣ですね。

ディアボリックガイを2回分のこしてベアトリーチェを立てることで、すんなりとこの布陣は作れます。

この2体が並んだ状態でバトルを始めると…


①レッドデーモンで相手を攻撃し(3000)、バスターモードを発動。

②/バスターで追撃し(3500)、その後モンスターの全破壊が発生。

③クリアウィングの効果により/バスターの効果を無効にして破壊、さらにバンプアップし攻撃力6000に。

④クリアウィングの効果は同時処理のため、タイミングを逃さず/バスターの効果でレッドデーモンが蘇生される。

あとはクリアウィング(6000)とレッドデーモン(3000)で攻撃すれば…総合計15500ダメージを与えられます(笑)


ここまでくると完全なオーバーキルですね。

image




なおこのコンボを実際にオフ会で行い、ワイアームを上から殴り続けて5000ダメージ近く与えることに成功しました♪


ロマンコンボだとわかっていても攻撃力3000以上のモンスターが4回殴ってくるのは恐怖以外無いです…是非狙ってみよう!






さて今回は短めですがここまでの紹介とさせていただきます。

解説が足りない内容やよくわからない構築論にあふれた/バスターデッキですが、いざわいわい対戦すると最高にエンターテイメントできるカードです!

なお現在十二獣で初動からバスタールートが作れることが判明し、いそいそと構築を進めているくまごろーですが、それはまた別の話にしましょう。

では最後にオフ会のベストバウトレポを書いて終わりにしたいと思います。

レポを見たくないかたはここでバックしていただいて構いませんのであしからず。





机上団結デュエルベストバウト


・湯ノ宮さん

初戦でスタッフの方との対戦ですが…間違いなくベストバウトでした。

デュエル中盤に差し掛かり、相手はゴストリと幻影を駆使しつつ布陣を硬めダークレクイエム リベリオン マスキー ゴストリ(セット) バックにロールシフト 霧剣 幻影翼と完璧な防御体制。

こちらはセット二枚というところでトップ大欲の壺で/バスターを引き当てる(笑)


しかし墓地のゾンビキャリアで戻してディアボリックガイでレッドデーモンをシンクロ。

バトルフェイズに入り、レッドデーモンの攻撃に合わせてロールシフトで裏返されそうになるがバスターモードにて回避。

霧剣も伏せていたバゼでどかし、全てのモンスターをバスターで一掃することに成功する。

歓喜に震える中、湯ノ宮さんは霧剣と幻影翼を除外し幻影騎士団を蘇生。さらに幻影盾の罠モンスターを特殊召喚し3体のモンスターを揃え…そこからまさかのオシリスの天空竜。

幻影騎士団を除外しながら手札を4枚まで増やし、攻撃力4000となったオシリスは/バスターを粉砕し敗北。

まるでアニメのような展開に震えが止まりませんでした…


image



またあんな熱いデュエルをしたいものです!

机上オフのスタッフの皆さん、楽しい時間をありがとうございました!




ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3