皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ



もうデッキタイトル長すぎて意味わからんですね...略すなら超レモンTかな(錯乱)


超量とリゾネーターの噛み合いの良さは以前記事にしましたが、Twitterやダイレクトメールなどで「超量リゾネーターのデッキ構築をもっと追求してほしい」との声が多数あったので、第2段という形で投稿させていただく次第でございます。



image


レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):バトルフェイズに魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を500アップする。



今回のデッキの看板モンスターは新パックTDIJで発売されたレッドデーモンの新たなシンクロ体「レッドデーモンズドラゴンタイラント」です。

ド派手な効果はフィールドのタイラント以外のカードを根こそぎ全破壊という「最後に立つのはこの俺ただ一人!」を体現したもの。

まさにキングは孤高のデュエルを地でいくジャックらしい効果ですね!



しかしなぜバトル中でのあらゆるカードの効果を無効にするぐらいにしなかったのか...いや、ちょっと抜けてるあたりがやはりジャックたる所以なのでしょうか

image





以前の超量リゾネーターはセイヴァーデモン軸でしたが、今回はこのレッドデーモンズドラゴンタイラントを出しやすい構築に変更しました。

というよりも、超量とリゾネーターの組み合わせ次第ではかなり幅の広いシンクロ先の選択肢があるので、私の構築はあくまでも1つのデッキの参考として受け取ってもらい、実際の構築では決闘者ごとにたくさんの遊び心を詰め込んで頂きたいです。


メインデッキ
image


エクストラデッキ
image






以前の記事を見ていない方にも多少なりわかるようメインギミックの説明すると、このデッキは素早くエンシェントフェアリーをシンクロすることで光の霊堂をサーチし、増えた召喚権を利用してチェーンリゾネーターやミラーリゾネーターを召喚することで盤面を整えるデッキになっています。


デッキの初動としては「レッドリゾネーター」と「超量妖精アルファン」そして何らかのフィールド魔法が揃えば十分な展開をすることができます。


この二枚中レッドリゾネーターはコールリゾネーターによるサーチを。アルファンはワンフォーワン、ブルーレイヤーを介して緊急テレポートでサーチできますが...今回(2016 4/1)の制限改訂で緊急テレポートが制限された為、召喚権を使わないブルーレイヤーからのサーチが発動しにくくなり、爆発力がかなり落ちてしまいました。

そこで今回のデッキにはジャックかアニメで使用したレッドウルフを採用しています。


image



レッド・ウルフ

効果モンスター
星6/炎属性/悪魔族/攻1400/守2200
(1):自分が「リゾネーター」モンスターの召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は半分になる。



このカードの登場時にはあまりいい評判は聞きませんでしたが、リゾネーターデッキにおいてこのカードのもたらした恩恵はとても大きいです。

レベル6の特殊召喚モンスターにはトフェニドラゴンやギラギランサーなどの有用なモンスターがいますが、ウルフは盤面に左右されない展開できるのが魅力であり、シンクロモンスターが場にいない状態で手札にきてしまったチェーンリゾネーターさえ7シンクロ(エンシェント)に繋げることができます。

また、サーチに頼らずとも皆を笑顔にするフィールド魔法(※1)のチキンレースやチャージウォーリア、フォーミュラシンクロンや湖之龍などでドローを重ね、上記のキーカードを手札に引き込むようにデッキを回していくことでさらなる安定感と展開後の後続確保を狙うプレイングをしましょう。




そして今回の新ギミックとして、もう1つ。

手札に「レッドリゾネーター」と「ブルーレイヤー」が来た場合の展開ルートです。

この二枚を手札に揃えることで多くのルートに繋がります。

なお前の超量デッキではジャックらしさを第一にしてアクセルシンクロンやジェットシンクロンを使用していませんでしたが、今回はフル活用していますのでご了承ください。




タイラントルート

これが今回一番ブログにしたかった内容で、上記二枚でレッドデーモンズドラゴンタイラントがシンクロできます。


image


①レッドリゾネーターを召喚してブルーレイヤーを特殊召喚する

②ブルーレイヤーの特殊召喚成功時効果でレッドレイヤーを手札に加える

③レッドリゾネーターとブルーレイヤーでアクセルシンクロンをシンクロ召喚し、アクセルシンクロンの起動効果でジェットシンクロンを墓地へ送りレベルを1上げる

④墓地のジェットシンクロンの効果でレッドレイヤーを墓地へ送り蘇生。このときレッドレイヤーの墓地効果でブルーレイヤーを特殊召喚する


これでフィールドはレベル3「ブルーレイヤー」とレベル1チューナー「ジェットシンクロン」レベル6チューナー「アクセルシンクロン」の3体が並び、レベル10のダブルチューニングが可能...



王者と悪魔、今ここに交わる。赤き竜の魂に触れ、天地創造の雄たけびをあげよ!シンクロ召喚!現れよ!レベル10、レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント!


image



というわけで手札消費2で突如舞い降りるタイラントルートです。

妨害がなければ盤面を全て一掃する破壊力のあるタイラントを予備動作なくシンクロ出来るため、かなり奇襲性の高いルートです。

序盤にアクセルシンクロンとジェットシンクロンを使用してしまうと後半では発動できなくなるルートではあるので見極めが大事になりますが、おそらくこれが一番お手軽です。


是非お試しあれ!




レベル8シンクロルート

①②はタイラントルートと同じなので割愛します。

③レッドリゾネーターとブルーレイヤーでアクセルシンクロンをシンクロ召喚し、アクセルシンクロンの起動効果でジェットシンクロンを落としてレベルを1下げる

④タイラントルートと同じくレッドレイヤーをコストにジェットシンクロンを特殊召喚してブルーレイヤーを特殊召喚します

⑤アクセルシンクロンとブルーレイヤーで7シンクロ

この段階でチキンレースや霊堂を利用するエンシェントフェアリーコンボに派生させられますし、残されたジェットシンクロンとシンクロする事で8シンクロとなり、非チューナーにシンクロモンスターを使用している為クリスタルウィングもシンクロ召喚することができます。

もちろんレッドデーモンにシンクロしてキングとなるもよしですね(迫)



ランク4エクシーズ+ドロールート

シンクロルートと④までは同じですが、ここからブルーレイヤーとジェットシンクロンでクトグァをシンクロし、アクセルシンクロンとエクシーズすることで1ドローです。

とうとう超量もエクシーズするようになったか...ん?なにかおかしいような...あれ、超量はシンクロテーマのはず...うっ、頭が...

image



ちなみにここでダイガスタエメラルをエクシーズすることで、シンクロモンスターをエクストラに回収する手立てにもなりますし、手札消費は0になります。

私のデッキには採用していないルートですが、のシンクロとエクシーズを採用したコンボも可能というわけですね。




ちなみに手札に最初からレッドレイヤーがいる状態ならアルティマヤツィオルキンを召喚することもできます。

アルティマヤツィオルキンルート

image



①レッドレイヤーを特殊召喚する。

②レッドリゾネーターでブルーレイヤーを特殊召喚し、フィールド魔法「超量要塞マグナキャリア」をサーチ

③レッドリゾネーターとブルーレイヤーでアクセルシンクロンをシンクロ召喚

④2体を墓地へ送りアルティマヤツィオルキンを特殊召喚。このときブルーレイヤーが蘇生される

⑤サーチしたマグナキャリアをフィールド魔法ゾーンにセットしアルティマヤツィオルキンの効果が発動。


その後に発動したマグナキャリアでブルーレイヤーをグランパルスにエクシーズすれば、アルティマヤ、クリスタル、グランパルスとなかなかに嫌な布陣が出来上がります。

また、④の手順の前にアクセルシンクロンの効果を発動するかどうかでも分岐し...

・レベルを1あげる
ジェットシンクロンを墓地へ送り、手札コストを支払いジェットシンクロンを蘇生させてジェットシンクロンとレッドレイヤーでチャージウォーリアをシンクロ召喚し、手札を入れ替えつつアルティマヤの特殊召喚。
(アルティマヤツィオルキン、レベル78ドラゴンシンクロ、グランパルス)

・レベルを1さげる
同じくチャージウォーリアをシンクロしてレベル4アクセルシンクロンとレベル6チャージウォーリアでアクセルシンクロォォォォォ!スターダストウォーリア!(スターダストクロニクルも可)
(スターダストウォーリア、グランパルス)


このコンボにおける強みは、アルティマヤを絡めたコンボに必要なセットする魔法・罠カードをブルーレイヤーが調達してくれる事ですね。

お陰でアルティマヤの効果を必ず発動できるのがポイント高いです。


この記事ではアルファンとリゾネーターのルートの解説は割愛させていただきますが、これがこのデッキのおおまかなルートの解説になります。

今までの構築ではレッドデーモンに届かなかったシンクロのルートも、レッドウルフの採用により選択肢に幅がきくようになりました。


あとは人により罠などをテラフォーミングのようなサーチカードに変えたりジャックばりのバイスドラゴンやハイドライトを採用するのもありですね♪

image












ここからは個人的に「このカードは採用圏内かな?」というカードを挙げていきたいと思います。




手札コストを使用する魔法・罠

ツインツイスターやワンフォーワンのような手札コストを支払うカードを使い、レッドレイヤーを墓地に送ることで防御も展開もできるのが超量の強みです。

一枚だけ枠があまる...といったときには投入するのをお勧めします。



バトルフェーダー、ワンチャン

image


ジャックの使用した便利な手札誘発防御札バトルフェーダー。

罠を積まないタイプの構築ならこのカードが手札にあるだけで、相手にターンを渡す安心感が段違いです。

相手の攻撃を防いだ返しのターンまで生き残っていればワンチャンの発動トリガーにもなります。

そしてワンチャンはバトルフェーダーが場にいればアルファン、シンクローンリゾネーター、チェーンリゾネーターとこのデッキのキーパーツを引き込める為とても都合のよいカードです。

チキンレースを貼っていれば召喚しないデメリットの2000ダメージも踏み倒せるので相性はとてもいいです。



Aジェネクスバードマン

image


アルファンはあるがチューナーがいない!というときの対策カード。

アルファンをリリースしてブルーレイヤーやグリーンレイヤーが特殊召喚されると、レッドレイヤーの効果でレッドレイヤー以外の超量モンスターがフィールドに並びます。

それをバードマンで手札に戻して特殊召喚することで、シンクロへの足掛かりになります(さらにシンクロは必ずレベル7にできる!)。

非チューナー事故が怖いなら採用の余地ありですが、リゾネーター以外のチューナーはレッドウルフに対応しなくなるので注意が必要です。



おろかな埋蔵 グローアップバルブ

image


強いカード。

チューナーに召喚権を割けない場合におろかな埋蔵でバルブを落として特殊召喚という手段がとれます。

他にもジェットシンクロンを落としたりレッドレイヤーを落としたりと仕事がたくさんあるカードです。
実はメインに入っていたけど別のデッキに出張していて写真に載っていないのは秘密だ。




シンクロキャンセル

image


シンクロ出来た後が前提条件ではありますが、決まると爆発的に展開可能なカード。

例えばレッドレイヤーの効果で墓地から効果無効で特殊召喚されたアルファンとレベル1チューナーでフォーミュラシンクロンをシンクロし1ドロー。

その後フォーミュラシンクロンをシンクロキャンセルすると、アルファンとレベル1チューナーに戻りますが...このアルファンはリリースして効果を発動できる状態に戻っています!

つまりそこからリリースして展開が可能になるというスグレモノです。

当然これはレッドレイヤーで蘇生したグリーン、ブルーレイヤーも同じであるので、超量をシンクロ素材にしていれば特殊召喚時の恩恵がかなり熱いです。

ほかにもエンシェントフェアリードラゴンでフィールド魔法を破壊した後シンクロキャンセルで再びエンシェントフェアリーにすればまたフィールド魔法をサーチできます。

その際ほとんどの場合超量モンスターを非チューナーとして使用しているのでさらにアドバンテージが増えます。

シンクローンリゾネーターをチューナーにしているのなら連続シンクロで墓地のリゾネーターを根こそぎ回収もできます。


ただ、前述した通りシンクロ召喚している前提のカードなのでいくらアドバンテージを得られるといえど大量にデッキに投入すると初動で事故を起こします...

しかし成功時には美しいほどに回るので、テクニカルな展開をしたいあなたに是非!










さて、いかがでしたでしょうか?

このデッキの構築には長い月日(半年以上)をかけているので長めの記事になってしまいました...すみません(´・(ェ)・`)

まだまだ構築次第では新カードの採用も見込めるので、超量でシンクロをしたい方への参考になればいいです。


また、今回のエクストラデッキの構築は「このデッキいろいろできるんですよ!」を出したいが為に、カードがぎゅうぎゅうに詰め込まれています(苦笑)


構築によっては「アルティマヤに寄せる」「タイラントを出しやすくするためにジェットシンクロンとアクセルシンクロンの数を増やす」「クリアウィングを増やして強くする」「非チューナー事故に備えて超量エクシーズを増やす」などなど...ある方向に特化させたほうが回せます。

また、神の宣告やソウルチャージなどのアンチエンタメ成分(※2)を多量に含むカードをいれた構築ならさらにいいです。

当然弱点天敵のダークロウやマクロコスモス、虚無空間などのデッキが詰みかねないカードを破壊できるものも積めるならそのほうが強いでしょう。



そこはそれも含めてデッキを扱う皆様の魂と、回りの環境に合わせて調節していただければ幸いです。


もちろんそのままこの構築をコピーも大歓迎です!

皆さんがレッドデーモンをシンクロして楽しくデュエルしてもらうことが、このブログの一番の目的ですからね。


image




書きたいことが沢山ありますが、今回はここらで締めさせていただきます。

結婚の準備や仕事が忙しくてなかなか投稿が遅れてすみません、気長にお待ちください。


それではまた!



・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3




※1皆を笑顔にするフィールド魔法

別名チキンレース。
お互いにドローしあう展開は皆を笑顔にするが、極稀に自分だけがドローしたあと別のフィールド魔法に張り替えて笑顔にしない場合もあるらしい。


※2アンチエンタメ成分

環境やあまりにも強いパワーカード、ペンデュラム召喚のインチキ効果などに含まれる成分。


過剰に摂取するとアンチエンタメ細胞が暴走し、最悪死に至る。

image