皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ




最近は色々な方がブログを見てくださっているようで、あたたかい声を沢山頂けるようになりました。

本当にありがたい話です(嬉涙)



それでは今日ももりもりレッドデーモンの新たな可能性を考えていきますよ!





今回着目したのは4月発売のザ・ダーク・イリュージョンに新規収録される不知火の隠者です。


image

※実物画像が登場したら変更します


不知火の隠者

効果モンスター
星4/炎属性/アンデット族/攻 500/守 0
「不知火の隠者」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている
自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、
この効果の対象を2体にできる。




これ気を付けてください、『隠者』と書いて『かげもの』と読みます。『いんじゃ』じゃないです。トゥトゥヘァーじゃないです。


アンデの新たな可能性と言わしめるその能力...なんとこのカード一枚でレベル8シンクロが可能になっています。




①不知火の隠者の(1)の効果で自身をリリースしてユニゾンビを特殊召喚

②ユニゾンビの効果でデッキから馬頭鬼を落としてユニゾンビのレベルを1上げる

③馬頭鬼の効果で馬頭鬼を除外し隠者を特殊召喚しユニゾンビと隠者でレベル8シンクロ




なんと美しい流れであろうか。

image



アンデしか攻撃できないデメリットはあれど、隠者一枚でシンクロできる安定感は捨てがたい...


先攻でサイフレームΩをシンクロすれば、相手スタンバイに除外された馬頭鬼を墓地へ戻して次のターンの布石にするプレイングが可能。

すごい時代になったもんだ...








今回はこのコンボを取り入れて、アニメ遊戯王5D'sを意識したデュエルをしたい。


不知火にジャック要素を取り入れつつ、いかにアンデット族を使いキングのエンタメができるかを追究してみようと思う。

image














ところで皆さん、このシーンを覚えているだろうか?


image


image



そう、遊戯王5D'sの最終回...ジャックと遊星の最高のデュエルの後のエンディングシーンだ。


ちなみに5D's未視聴の方は是非これを機会に見よう!本当に素晴らしい最終回だから‼



この後チーム5D'sのラストランからフィナーレへ入るこのシーンを切り取って再現しながら戦いたいと思う。





必要な手札はレッドリゾネーター(コールリゾネーター)と不知火の隠者、そしてネオ童実野シティを具現化したカード...スターライトジャンクション(テラフォーミング)と蘇生魔法と手札コスト一枚だ。
手札使いきってるとか気にしたら負けだぞ(笑)



image


スターライト・ジャンクション

フィールド魔法
「スターライト・ジャンクション」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのチューナー1体をリリースしてこの効果を発動できる。
リリースしたモンスターとレベルが異なる
「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。



ネオ童実野シティを再現したこのカードこそ、今回のデッキのキモとなります。
それでは順を追いながら説明していきましょう。



①レッドリゾネで不知火の隠者を特殊召喚。隠者の効果でユニゾンビを特殊召喚しユニゾンビのレベルを1上げて墓地に馬頭鬼を送る。

②馬頭鬼を除外し隠者を特殊召喚。
※ここまでは前述したコンボの起動がレッドリゾネーターになっただけ。

③ユニゾンビの効果で手札を切り、隠者のレベルを1上げてレベル5にする。

④スターライトジャンクションを発動し、レッドリゾネーターをリリースしてデッキからクイックシンクロンを特殊召喚する。



image


ここでジャックのカードから遊星のカードにバトンタッチするのが個人的にとてもいい(コナミ感)


image




⑤レベル5となった隠者とレベル5のクイックシンクロンでアルティマヤツィオルキンを特殊召喚する。

image


image



スターライトジャンクション(ネオ童実野シティ)から現れた赤き龍を完全再現。


⑥手札の蘇生魔法のカードを一枚伏せ、ツィオルキンの効果でレッドデーモンズドラゴンを特殊召喚する。

⑦伏せた蘇生札を発動し隠者を特殊召喚。最初の効果以降放置されているレベル4のユニゾンビと蘇生した隠者でスターダストドラゴンをシンクロ召喚すると...




image


完 全 再 現 達 成



5D's最終回ごっこ完成です。

いやぁいいデュエルでしたね...えっ返しのターン?しらないです(白目)


ちなみにこのコンボは無理に先攻で狙わなければなんとでもできますし、蘇生札の代わりにゾンビマスターを代用することでも可能です(初手のレッドリゾネーターの特殊召喚をゾンビマスターにして、ゾンビマスターの効果で隠者を特殊召喚すれば出来ます)。

先攻でΩを立てて安定した場を作った後にコンボを開始してもいいかもしれませんね。














ここまで見てくださった中でも「なんだよロマンコンボだけかよ...」と思った貴方。


ここまでがネタ枠なら、今からは戦略的に勝ち筋を模索する枠になります。

ネタ的にはお腹一杯かもしれませんがもう少しお付き合いを。





スターライト・ジャンクションの可能性

実はスターライトジャンクションはネタ枠として導入した訳ではありません。

ジャンクションにはチューナーをシンクロンモンスターに変える能力を持っていますが、それ以外に「 相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動する。そのカードを持ち主のデッキに戻す。 」の効果が存在します。


元々はアクセルシンクロンやフォーミュラシンクロンの効果で相手ターンにシンクロ召喚を行うことを想定された効果ではありますが、この条件はあくまでシンクロモンスターが特殊召喚された場合の為、蘇生制限を満たさない場合の特殊召喚でも発動します。


つまり相手ターンにツィオルキンで効果を発動した場合にも発動されますし、シャドーインパルスや王魂調和による特殊召喚でも発動します。



image


王魂調和

通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、以下の効果を適用できる。
●レベルの合計が8以下になるように、
自分の墓地からチューナー1体とチューナー以外のモンスターを任意の数だけ選んで除外し、
除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つSモンスター1体を、
エクストラデッキからS召喚扱いで特殊召喚する。



スターライトジャンクションが張られているときに王魂調和を発動することで、エクストラからモンスターを特殊召喚しつつジャンクションの発動条件をクリアできるのです!


さらに不知火は除外された場合効果を発動するので、王魂調和の発動コストとして墓地の不知火を除外すれば単純なアドバンテージを得ることができます。


また、最近流行りのツインツイスターでフィールドのジャンクションと王魂調和は先に除去されてしまうことが多いですが、その対策としての防御札であるスターライトロードの複数破壊を無効にしてスターダストドラゴンを特殊召喚する効果もジャンクションの発動条件を満たすことのできるカードです。


ジャンクションのシンクロンチューナーを特殊召喚する効果を、ジャンドのようなお手本のシンクロデッキで使わず、不知火を使って構築したのはこれが狙いです。


先攻Ωを立てるこで、Ωをわざと逃がせばダイレクトアタックを誘いやすいのもポイント高いですね。


image





まとめて見ると...ジャンクション発動中のダイレクトアタックに王魂調和が発動すれば、シンクロモンスターを立てつつ相手のカードをデッキバウンスし、不知火モンスターによっては出てきたシンクロモンスターに戦闘耐性を与える、相手のカードを一枚破壊、除外された不知火を特殊召喚のいずれかが発動できます。

いい荒らし具合ですね♪

スターライトロードを迷わず伏せられるのがまた安心感ありますね...
















さて、短いですが今回もオフ会用のデッキということでレシピは上がらずコンボだけになりましたが...いかがだったでしょうか?


個人的にはアンデットはゾンビキャリアが無理なく入るので、バスターモードとか投げ入れたいですね。


先のジャンクションのアニメ再現をクリスタルとレッドデーモンにして、セットカードがバスターモードなら...

①レッドデーモンの攻撃
②バスターモード発動。レッドデーモン/バスターで攻撃
③/バスターの全破壊効果をクリスタルで無効にしてクリスタルの攻撃力を3500アップ
④クリスタルの効果の破壊とバンプアップは同時処理なので、/バスターのタイミングを逃さず破壊時に墓地からレッドデーモンを蘇生
⑤6500のクリスタルと蘇生されたレッドデーモンで攻撃
⑥相手は死ぬ

みたいなデュエリストを絶対殺すコンボにしても面白いです(ゲス顔)



実はこのジャンクションのコンボは超量シンクロンデッキで使用していたものなのですが、殺意高めだったのでこちらのデッキに変更されました。

ジャンクションからの展開はアンデットだけでなく...例えばAFツィオルキン等のレベル5モンスターを用意可能なデッキなら不意打ちのように決まるコンボなので、ツィオルキンを使うデッキの中では一味違うコンボにできそうですよね!(あまり賛同されなさそうなので今のうちに自画自賛しておく)




image


アニメもシンクロ次元編クライマックスに入りますし、ジャックのデュエルに期待!

ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3