皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ


最近は新段の発売が終わっても、超量のシンクロばかり研究しています。


超量モンスターはチューナーさえ場に出すことができれば次々にシンクロを産み出す恐怖のカテゴリだと気付いてからは、触るだけでも最高に楽しいんですねこれが...


そこで、この超量モンスターと相方サーチと展開補助に優れた我らがキングのリゾネーターをチューナーとして使用することで、ジャックアトラスの動きを残しつつレッドデーモンで戦うデッキを組み立てることにしました。


image




超量リゾネレッドデーモンデッキ

image


image

※ホロはセイヴァーデモンドラゴンです




基本的にこのデッキの戦術として「キングのエンタメ」...すなわち「相手のさせたいことをさせた上でねじ伏せる」をコンセプトにしています。


いままでで一番キングっぽいテーマだとかいわないそこ。


そのためにバトルフェーダーやリジェクトリボーンを投入しており、相手のモンスターの攻撃をいなしてから自分のペースにしていくようにしています。

スカーライトは大量展開にはめっぽう強いモンスターなので、一度に形勢を逆転させられますからね。


image


しかし、最近の環境では罠などのセットカードはツインツイスターや羽根帚で流されやすいので安心感はバトルフェーダーのほうがありますが...




それでは、書く内容が多すぎて(一度保存ミスで全文消してます...)拙い僕の文章力では表現しきれませんが...できるだけ頑張ってデッキの解説をしていきたいと思います!



①超量とチューナーを場に揃える

全てのシンクロにおいて重要なことではありますが、このデッキはテーマを混ぜてあるものなので、チューナーと非チューナーを揃える力はテーマ統一よりも劣ります。

また、召喚権を割かずに特殊召喚条件を持つモンスターもある程度の縛りを持っています。

すると 以前紹介した 超量妖精アルファンに召喚権を割きづらく、初動のシンクロによるアド稼ぎがやや行いづらいのも難点です。



この問題を解決するモンスターは勿論レッドリゾネーター。


レッドリゾネーターでアルファンを特殊召喚した場合、様々なルートでシンクロが行えます。

アルファンのランダム選択は基本的に赤、青、緑の三体を選びますが、状況によっては緑や青の代わりにアルファンも選択肢に入ります。


軽くパターンを挙げてみましょう。



パターン①
・アルファンの効果でレッドレイヤーが選ばれる

レッドレイヤーの特殊召喚成功時の効果で墓地の超量モンスターを回収(この際手札に超量カードがあればグリーンの効果でドローしてもよい)。
その後、レッドリゾネーターとレッドレイヤーで7シンクロ。
さらにレッドレイヤーが墓地に送られたので、回収していない超量モンスターを蘇生。

→レベル7シンクロとを手札に回収していない超量モンスター1体(レベル1 3 4)



パターン②
・アルファンの効果でブルーレイヤーが選ばれる

ブルーでデッキから超量カードをサーチしつつレッドレイヤーの効果で墓地のグリーンレイヤーを蘇生。
レッドリゾネーターとグリーンレイヤーでレベル6シンクロ。
さらに素材に使われたグリーンレイヤーの墓地送り効果でブルーレイヤーで回収した超量カードをコストに1ドロー。

→レベル6シンクロモンスターとブルーレイヤーと好きな超量カードサーチかつ1ドロー



パターン③
・アルファンの効果でグリーンレイヤーが選ばれる

レッドレイヤーの効果で墓地のアルファンを特殊召喚し、もし手札に超量モンスターがいるなら特殊召喚(またはグリーンレイヤーをシンクロした後コストで1ドロー)。
レッドリゾネーターとグリーンレイヤー、アルファンで7シンクロ。

→7シンクロ(手札に超量カードがあれば+1アド)


パターン④
・アルファンの効果でアルファンが選ばれる

グリーンレイヤーが既に墓地にあるか、ブルーレイヤーの効果を発動し終えた後ならば、アルファンの選択する超量モンスターに別のアルファンを選択するのも手です。
レッドレイヤー効果でグリーンレイヤーを蘇生し上記の展開と同じになり、レベル7シンクロが可能です。
アルファンが選択された場合には、レッドレイヤーの蘇生と違い効果を発動出来るため、レッドレイヤーの効果でブルーレイヤーを蘇生すればすべてのモンスターのレベルをブルーレイヤーのレベル3に合わせられます。
もちろんレベル5シンクロとアルファンの布陣も可能ですが「レベル3のモンスターが3体...来るぞ遊馬!」が出来ます(笑)

→レベル6シンクロとレベル3アルファン。またはレベル9シンクロ(トリシュ可能)



と、説明が長くなりましたがかなり幅の広いシンクロが選択可能となっています当然思考時間も長くなります


手札と相談しながら、その場にうまく適応したシンクロを決めよう!



②圧縮してキーカードを引き寄せる

このデッキにはサーチカードの「コールリゾネーター」と「緊急テレポート」と「テラフォーミング」が各3枚採用されています。

緊急テレポートはブルーレイヤーやうさぎのサーチに、コールリゾネーターは貴重なチューナーの確保カード故ほぼ説明不要ですが(説明終了)もう1つのサーチカードのテラフォーミングこそ今回のデッキ最大のポイントです。

サーチ先は「チキンレース」と「光の霊堂」です。


image


光の霊堂

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。
対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加え



このカードがデッキ構想の中心ですね。

「手札にチェーンリゾネーターがいる」「シンクロモンスターがフィールドにいる」といった条件下でしか発動出来ないため、コンボ難易度が高めですがやって出来ないことは無いです。

というより積極的に狙いましょう!

そしてフィールド魔法を助けるカードと言えば「エンシェントフェアリードラゴン」以外いません!


image



エンシェント・フェアリー・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
フィールド上のフィールド魔法カードを全て破壊し、
自分は1000ライフポイント回復する。
その後、デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える事ができる。



先程レッドレイヤーとレッドリゾネーターでシンクロした時にレベル7にしやすいと書きましたが、基本このデッキではこのカードが起点になります。

フィールド魔法が発動しているとき、それを破壊して新たなフィールド魔法をサーチできる能力を活用すれば...1ドローして効果を終えたチキンレースを破壊して霊堂に張り替え、手札のチェーンを召喚というコンボに繋げられます。

ここでチェーンリゾネーターの効果でデッキからシンクローンリゾネーターを引き込めば、墓地のレッドリゾネーターかチェーンリゾネーターを回収しつつレッドデーモンアビスまでシンクロ出来ます。

もちろん手札にコールリゾネーターやチェーンリゾネーターが無いならば、新たなチキンレースをサーチし、回復した1000のライフでノーコスト1ドローもできます。
相手にドローさせたくないのなら返しのターンまでチキンレースを発動せずとっておくのもアリです。

さらにこのギミックを発動しやすくする為にマグナキャリアを一枚投入しており、ブルーレイヤーの効果が余った時には(基本展開する用にアルファンは手元に置いておきたいので、すでに手札にアルファンがあった場合には)マグナキャリアをサーチしておいて、エンシェントのおやつにしてあげましょう。

おまけに先攻であればバトルフェイズもないため、気兼ねなくエンシェントフェアリーの効果で手札からモンスターを特殊召喚出来ます。


まぁ長いこと書きましたが要するにやりたい放題です

勲章ものだなエンシェント。


image



サーチとエンシェントフェアリーとフィールド魔法を活用し、展開を加速させよう!




③安定してレッドデーモンを立てよう

エンシェントフェアリーまでシンクロしていれば、おそらくレッドデーモンをシンクロするのには困らない状況になっているはず。

ですが昨今の環境において、先攻レッドデーモンをシンクロしてもあっさり除去...されて...しまうでしょう。


...先攻スカノヴァ...強制脱出装置...うっ頭が...

image



そこで考えた結果後続でレッドデーモンを出せるモンスターを召喚すればいいという結論にたどり着きました。


そう、今こそジャックも踏み込むのです

新たなシンクロの先アクセルシンクロの境地へ


image


真閃こう竜 スターダスト・クロニクル

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地のSモンスター1体を除外して発動できる。
このカードはターン終了時まで、他のカードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手によって破壊された場合、
除外されている自分のドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。




エンシェントフェアリーをシンクロした後にまだ場にブルーレイヤーが残る場合がよくあります。

緊急テレポートだったり、レッドレイヤーの特殊召喚を自力で行っていたり...とパターンが多岐に渡り説明しづらいのですが、先に紹介した霊堂チェーンリゾネーターが成功すればかなりの確率でクロニクルをアクセルシンクロできます。

その為にフォーミュラシンクロンとフォノンドラゴンを採用しています。



スターダストクロニクルは制圧する効果ではなく、あくまで耐えしのぐ効果です。

戦闘、効果で破壊され墓地へ送られればシンクロしているエンシェントやシンクロしたレッドデーモンを蘇生させられます。


またクロニクルに罠のスカーレットコクーンを装備すれば、ライトニングをも返り討ちにする最強の守りを得ることが可能です(その後効果で耐性をつけてコクーンを対象不在墓地送りにしてレッドデーモン蘇生も可能)。



あと一番大切なことですが、ジャックのデッキでもシンクロする際に「アクセルシンクロオオォォォォ!!!!」と叫べます(最重要)


アクセルシンクロを駆使して場を安定させつつ、レッドデーモンを常にフィールドに出せる準備をしよう。



④相性の良いカードでサーチ力を高める


・貪欲な壺

アルファンの効果で大量のモンスターを墓地へ送れるため、初動でも発動しやすい。
ブルーレイヤーで回収しきれない超量パーツやサルベージしたシンクローンリゾネーターをデッキに戻そう。


・救世竜セイヴァードラゴン、セイヴァーデモンドラゴン

霊堂のおかげでかなり召喚する機会が増えたモンスター。
レベル7が立てやすいことを利用しクリアウィングをシンクロすれば、エンドにエクストラに戻るセイヴァーデモンの効果をクリアウィングで無効にして、常にフィールドに居座り続ける最強のセイヴァーデモンが爆誕します(笑)


・ワンチャン

デッキの構築上チキンレースを発動していることが多いため、サーチしたモンスターを召喚していない場合にエンドに発生する2000ダメージのデメリットを踏み倒せます。
アルファンをレッドレイヤーで蘇生させてからワンチャン発動のバルブやチェーン、シンクローンリゾネーターでのシンクロの追撃を決めよう。


・ワンフォーワン

つよい。


・ツインツイスター

手札のレッドレッドレイヤーを切れば妨害と除去をしながら展開できます。
スカーレットコクーンを切って不意打ちのようにエンドレッドデーモンを出すと脳汁出ます。


・スターダストチャージウォーリアー

レベル6汎用シンクロ期待の星。
レッドレイヤー特殊召喚からバルブを召喚しチャージウォーリアーで1ドロー、バルブ墓地より特殊召喚でエンシェントフェアリーが本当に美しい。







以上がデッキ解説になります。

長い文章にお付きあいいただき、本当にありがとうございます。

このデッキの主役はもちろんレッドデーモンなのですが、展開に至るまでに龍可の力を借りている場面が多いのでアポリア戦を彷彿とさせますが(その気になればライフストリームも組み込めますが...)かなりジャックらしく戦えるデッキになったかなと思います。


ジャック×龍可か...アウトだな

image


もちろんこのデッキはロマンを求めた構築なので、ライブラリアンやジェットシンクロン、アクセルシンクロンを入れればもっとつよくなれますが...

Twitterでジャックの中の方が「レッドレイヤーの名前はジャック的にアリ」とのことでしたので、思いきって超量以外をほぼジャックのカードに揃えたかったのです(苦笑)


キングのデュエルに少しでも近づけるよう努力したいです!




そして、このデッキで明日開かれる「 第3回 【おっさん達が遊戯王OFF会を開いてみた!(現れ出ちゃえ!決闘者!)】 」に参加させていただきます!


バトルフェーダーでダイレクト止めた後にレモン霊堂セイヴァーだして「光輝けェ‼」と叫んで楽しくデュエルしたいです(笑)


では重ね重ね、ここまで見てくださりありがとうございました!


ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ デュエルシテクルクマー

ついったーやってます↓
@kikikinokuma3