皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ



このタイトルはないな(苦笑)


さて、前回超量のレッドレイヤーを取り上げ、構築を練っていましたが...かなり難航しておりました。

ただ、普通の超量として戦うデッキは既に完成しています(買う前からイメージは出来上がっていたのであっという間に作り終えました)。


しかし...やはりレッドデーモンを使いたいという思いが止まらず、エクシーズ構築ほっぽりだしてシンクロ構築するため四苦八苦していました。



image



しかしなかなかいい案が降りてこず、超量シンクロを諦めて別のアイデアを求めてTwitterを見ていたところ...謎の天啓を得る。









『レッド』と名のついたカードでデッキを構築できないか?


image





確かにここ最近レッドデーモン以外にも「レッド」の名を冠するカードが多々出てきていますよね。

このブログによく出てくるレッドリゾネーターから始まり、レッドスプリンターにレッドレイヤー。

赤をイメージするならクリムゾンブレーダーなんかもぴったりですよね♪

そしてある閃きが。







image


アルティマヤ・ツィオルキン

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル5以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたは
レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、
攻撃対象及び、効果の対象にならない





赤き龍じゃん‼


image



アニメの5D'sを見ていない方には分かりにくいかもしれないが、このモンスターは遊戯王5D'sの話の根幹に関わる重要なモンスターであり、「シグナー」の不動遊星やジャックアトラス達に度々力を与えていたおい誰だタクシー言ったやつ



つまりジャックにピッタリ...いや、5D'sのシグナーなら使うべきカードになれる一枚!

なのに今まで何故気付かなかった...いや、蘇生制限を満たさないレッドデーモンじゃ使い回せないのが嫌だったのかもしれません。

本能がアルティマヤを使うことを避けていました...


しかもレッドレイヤーはハンドから特殊召喚可能なレベル5ですし、相方はクイックシンクロン!調律でサーチ可能じゃないか!

いや、これは来るか「超量アルティマヤシンクロンデッキ」とかいう意味不明のフィールが(笑)















image



image







20分で構築出来ちゃったよ...



image


構築のイメージが固まりすぎて、迷いなくデッキが出来上がりました。

ちなみに上のデッキはその後フリー対戦で回して調整したもので、最初はスティーラー等含まれていないカードが多数ありました。



コンボルートは3つで、それぞれ進行方向が異なりますがおおよそ噛み合いを見せたデッキに纏まりました。


コンボパターン①
『超量獣機展開ルート』


image


名前の通りを狙います。

超量はアルファン1枚から動き始められるデッキですので、初手にアルファンがあればこのルートが選択肢に入ります。

image


超量妖精アルファン

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 0/守 0
「超量妖精アルファン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルは対象のモンスターと同じレベルになる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「超量」モンスター3種類を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを墓地へ送る。


この効果により一気に墓地にアルファンを加えた3体の超量が送られ、フィールドにランダムに超量が特殊召喚されます。

レッドやブルーが特殊召喚されたなら万歳です
し、手札に超量がいるのならグリーンもアドカードになります。

また、進化先の超量獣機達はそれぞれ相手を妨害できる能力を十分に持っているため、ただ並べて置くだけでも強いカードです。


勿論マグナキャリアがあればマグナスも狙いに行くべきでしょう。

グレートマグナスは手札を全て投げ捨ててでも特殊召喚する価値のあるモンスターです。


展開の細かい説明はほぼ超量の動きなので割愛させていただきます。



コンボパターン②
『アルティマヤルート』


image


これは手札にクイックシンクロン(調律)とレッドレイヤー(ブルーレイヤーか緊急テレポート)があれば出来ます。

説明する必要性もあまりありませんね、レッドレイヤーを特殊召喚し、手札を切ってクイックシンクロンを出せば出来上がりです。

image


説明おわりが早すぎる(笑)



ただこのコンボには当然クイックシンクロンの手札コストが必要になりますが...そこがこのデッキの魅力とも言えます。


ズバリ手札から切ることで都合がいいカードが多いと言うことです。


クイックシンクロンやマグナキャリアのコストにどの超量モンスターを切っても、タイミングを逃さず何かしらの効果を発動させられます。

当然バルブやジェットシンクロン、スティーラーも墓地にいて効率のよいコストカードです。


またアルティマヤの効果を発動する布石となる永続罠カードは、全てコストにできます。

超量が収録されたウィング・レイダーズの新規カード、ブービートラップEのおかげで回収して発動といった芸当が可能になりましたからね。


image


ブービートラップE

通常罠
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分の手札・墓地の永続罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。



このカードの登場で、除去の多い現環境でもいくらか安心して罠を伏せられます。

サラミサラミィ↑アルティマヤの効果はカードのセットに反応するので、このカードのセットで1回、相手ターンでカードをセットすればさらにもう1回効果を発動できます。


image



ちなみにアルティマヤを出すルートは上記のものだけでなく、アルファンの(1)の効果でジェットシンクロンやバルブをレッドレイヤーのレベルに合わせる、アクセルシンクロンを使いチューナーと非チューナーのレベルを揃える等、手札次第で柔軟に特殊召喚できます。

超量は手札を失いやすい反面、コストとして優秀な効果を秘めていることがこのデッキを楽しくさせます♪


アルティマヤでレッドデーモンを特殊召喚し、アビスを立てて強固な布陣を作り上げよう!






コンボパターン③
『ウォーリアーシンクロルート』


これが所謂ネタルートです超量にシンクロ混ぜてる段階で既にネタルートとか言わないで

しかしこのルートは意外にも実用性があり、マグナスルートにもアルティマヤルートにも行けない場合のプランとして十分なものになります。



しかしすごーく説明しづらいので、写真を見ながらソリティアしてみましょう。

展開例として、手札にクイックシンクロン(または調律)とブルーレイヤー(または緊テレ)、墓地か手札にレベルスティーラーがある状態から始まります。


image


(ちなみにこの状態は墓地か手札にスティーラー、手札にクイックシンクロンがあり、アルファンを通常召喚し効果でブルーレイヤーが特殊召喚されてもその手札になります)


まずはブルーレイヤーの効果でレッドレイヤーを手札にサーチする。

クイックシンクロンの効果で手札を墓地に送り(スティーラーが手札にあればそれを捨てて)、特殊召喚。

クイックシンクロンのレベルを1下げてスティーラーを特殊召喚。



image


こういう状態ですね。

次にスティーラーとブルーレイヤーにクイックシンクロンをチューニングしてロードウォーリアーをシンクロ召喚。

ロードの効果でジェットシンクロンをデッキから特殊召喚。

そしてロードのレベルを1下げてスティーラーを特殊召喚。


image


ジェットシンクロンとスティーラーでシンクロしてフォーミュラシンクロンをシンクロ召喚し、1ドロー。

次に手札のレッドレイヤーを切り、墓地からジェットシンクロンを蘇生する。

この時、レッドレイヤーの墓地効果でブルーレイヤーを効果無効で特殊召喚。


image



もう一度ロードのレベルを1下げてレベル6にしてスティーラーを特殊召喚。

スティーラーとジェットシンクロンをチューニングして2体目のフォーミュラをシンクロしてもう1ドローし、フォーミュラとブルーレイヤーでアクセルシンクロンをシンクロ召喚。

そしてアクセルシンクロンの効果で自身のレベルを1下げて2体目のジェットシンクロンを墓地へ送ります。




image



これでレベル4のアクセルシンクロンとレベル6のロードウォーリアーでスターダストウォーリアーをシンクロできます。



image






ね?簡単でしょ?


image


これで手札消費1枚です(白目)


そして次ターン以降に自己蘇生できるジェットシンクロンを墓地に置いておけるのは素晴らしいですね...しかも初動のブルーレイヤーを緊急テレポートで特殊召喚した場合には召喚権までが余っているというね(笑)


image





ロマンコンボではありますが狙えばスティーラーは墓地に行きやすいですし、メイン3調律3とで手札に呼び込めるクイックシンクロンと、メイン3に緊急テレポート3アルファン3で場に呼びこみやすいブルーレイヤー

無理なコンボではありませんね。


アルティマヤを立ててから余った手札で立てられる大型モンスターとしてやってみるのも一興かとおもいますが、

エクストラデッキが個性派揃いで喧嘩してますね(笑)






いかがでしたでしょう?

今回分かりやすくするために一部写真で出してみたのですがどうでしょう?

見やすければ幸いです♪


細かい画像や解説があると色んなことに気付けるかと試験的にしてみました(実際回してはじめて楽しいと気づきましたしね...)

image




長々と解説しましたが我ながらいいネタになるデッキかなと(笑)

しばらくフリーで使って楽しんでみます♪



image


※最近のフリーの画像です。
だいたいこんな盤面に。


しかもこの記事を書いている最中アルティマヤの進化先のカードが出ることが決まりましたね。

このデッキで遊べるか是非試してみたいです!



ここまで見てくださってありがとうございました!



ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3