皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ


先日発売した「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」皆さん買いましたか?

私は発売日当日に店頭に並び、二箱購入しました!


本当はパック開封の儀を行いたかったのですが、カメラの不調で撮影できませんでした...

ただ神の通告は2枚当たったといっておきましょう...ふふふ




そしてパックの表紙を飾るモンスター覚醒の魔導剣士もシク、レリ、ウルの3枚当たりました。


image


覚醒の魔導剣士

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「覚醒の魔導剣士」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「魔術師」Pモンスターを素材としてこのカードがS召喚に成功した場合、
自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。





普通にイラストアドが素晴らしい一枚ですよね...くぅーカッコいい


そしてなんとこの子も3枚揃っていました。


image


調律の魔術師

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「調律の魔術師」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分のPゾーンに「魔術師」カードが2枚存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手は400LP回復し、その後自分は400ダメージを受ける。





かわいい(確信)


image



この2枚はアニメで大活躍したカードであり、その放送回での榊遊矢の「カードの思いを受けとめれば使えないカードなんかない‼」の言葉には胸打たれましたね...

あのシーンは遊星の言葉が重ねられていたのでしょうか...なんというか、ファンにはたまらないものがありましたよね!


image


image









さて、アニメの話で盛り上がりましたがここでキングの話に戻りましょう(錯乱)

アニメを見ていない方はわからないかもしれませんが、この調律の魔術師は元々ジャックのカードなのです。

image



コモンズと呼ばれる下民(これは悪い表現かもしれない)から頂点にまで駆け上がったジャックが、どのようにこのデメリット効果のあるカードを使ったのかはわかりません(アニメでは魔術師がスケールに貼られている際の特殊召喚効果はなかった)。

ですがジャックのカードならばデッキを組むしかあるまい!

かわいいしね!










そういや昔ジャックって弱いチューナー馬鹿にしてなかったか...?



image



あっ、やっぱ言ってたわ(笑)






モンスター

竜穴の魔術師×2
竜脈の魔術師
慧眼の魔術師
調律の魔術師
EMモンキーボード×3
EMドクロバット・ジョーカー×3
EMペンデュラム・マジシャン×3
EMリザードロー×2
EMプラスタートル×2
超電磁タートル
レベル・スティーラー
レッド・リゾネーター×3
シンクローン・リゾネーター×3
クリエイト・リゾネーター
グローアップ・バルブ
エフェクト・ヴェーラー


魔法

死者蘇生
ソウル・チャージ
ワン・フォー・ワン
おろかな埋葬
コール・リゾネーター×3
ペンデュラム・コール×3




神の通告
リジェクト・リボーン


エクストラ
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
えん魔竜レッド・デーモン
えん魔竜レッド・デーモン・アビス
えん魔竜レッド・デーモン・べリアル
えん魔竜レッド・デーモン・カラミティ
覚醒の魔導剣士
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
妖精竜エンシェント
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
獣神ヴァルカン
レッド・ワイバーン
フォーミュラ・シンクロン
ラヴァルバル・チェイン
鳥銃士カステル
永遠の淑女ベアトリーチェ






キングのデュエルはエンターテイメントでなければならない‼

と言うわけでエンタメカードことEMと魔術師にリゾネーターを合わせて組んでみました!

というのも、新段発売以前よりEMリゾネーターは組んであったので、それと調律、ペンデュラムコール、竜脈などのギミックやバルブを詰め込みまくった形がこれになります。


元々はEMプラスタートルをギミックに使用したものでした。

image


EMプラスタートル

効果モンスター
星4/水属性/水族/攻 100/守1800
(1):1ターンに1度、フィールドの
表側表示モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ上げる。


レッド・リゾネーターでこのカードを特殊召喚し、効果でレゾネと亀のレベルを増やせばレベル8シンクロができるというギミックであり、高騰していたライズベルトの変わりになるカードとして注目されていました。

しかしライズベルトは緊急テレポートで呼び出すことも可能な小回りの効くモンスターであり、プラスタートルはライズベルトの完全下位互換のような位置付けでした。

あとジャックデッキに採用されない理由としては、ジャックのカードっぽくないのが原因でもあるらしいですね。


さらにレッド・リゾネーターで呼び出すなら4000円も忘れてはならないカードですね。

image


EMペンデュラム・マジシャン

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守 800
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分フィールドに「EM」モンスターがP召喚された場合に発動する。
自分フィールドの「EM」モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
【モンスター効果】
「EMペンデュラム・マジシャン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊し、破壊した数だけデッキから「EMペンデュラム・マジシャン」以外の
「EM」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。


ペンマジの効果は特殊召喚しなければ発動しないため、ペンデュラム召喚に必要なスケールが揃っていないときは手札に腐る恐れがあります。

しかしレゾネで特殊召喚すれば、レゾネと自分を破壊しスケールを揃えることができます。

そう、レッド・リゾネーターならね(iPhone風

もちろんチューナーが惜しいため、基本はレゾネは割らずに手札で腐った魔法罠を伏せてそちらを割りますが...




さぁそしてEMを混ぜるなら新段で登場したこのカードを説明しなければなりません。


image


EMモンキーボード

ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/獣族/攻1000/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
「EMモンキーボード」の②のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「EM」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
②このカードを発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下の「EM」モンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。
そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。





もうふざけないでくれとしか言えないカードです。


モンスター効果はどうでもいいです(酷

ペンデュラム効果はEM版の炎舞 天キ(スケール付き)ですから強くない筈がないですね。

環境トップのEMEmに早速投入されており、ドクロバットかこのカードが初手にあれば必ずスケールが確保できます本当何言ってんだ

ペンデュラム制限は片方にEMがいないとスケールが4に変化してしまうというものですが、EMデッキならあってないようなデメリットですし...うわー怖い怖い



まぁレベル6でレモンの弾になるので迷わず採用しますが(殴


実際ドクロバットとリザードローにこのカード、それと適度なチューナーがあれば素晴らしいペンデュラムギミックの完成ですからね。

先程説明したプラスタートルもドクロバットとモンキーボードにより難なく手札に加えられます。


ちなみにこのデッキでは魔術師と混ぜているので、EMと魔術師のスケールの取り合いになるように感じられますが...いざ回すとペンマジの破壊要員やシンクロのヴァルカンで戻す弾。メタファイズのシンクロでモンキーボードのスケールを1固定にするなどで意外となんとかなります。



ペンマジの特殊召喚要員やレベル6シンクロ...成る程。

だいたいはレッド・リゾネーターがいればなんとかなりますね(暴論)。


最近レッド・リゾネーターを手放せなくなりましたよ...


image






また、EM魔術師の動きとしてペンデュラム召喚していればなんやかんやでレベル4が2体並ぶ場面が多いので、ラヴァルバル・チェインを採用しています。


image


ラヴァルバル・チェイン

エクシーズモンスター
星 4 / 炎 / 海竜族 / 攻1800 / 守1000
レベル4モンスター×2

おろかな埋葬



このおかげで自己再生可能な便利チューナーのバルブや調律の魔術師を墓地へ落としやすくなります。

墓地送りの対象は他にもピンで指しているレベルスティーラーと超電磁亀を選択するのもひとつ。

レベルスティーラーで展開補助をするもよし。

展開不足なら超電磁で守りを固めるもよし。

実際初動をチェインで済ませる場面は多く、あらゆる情況も柔軟に対処可能なこのカードはこのデッキの潤滑油になります。


ちなみに電磁亀や天道虫は手札に来た場合もペンデュラムコールや魔術師のペンデュラム効果で手早く捨てられる為、あまり邪魔にならない印象でした。



そして返しのターン!

ペンデュラムとシンクロを駆使しながら覚醒の魔導剣士とスカーライトを並べて敵を全滅させよう!


image





オフ会前日急拵えで作成したデッキですが、なかなかどうして多彩な動きが出来るデッキに仕上がりました。

以前少し完成度納得していないデッキレシピをあげてよいものかどうかを聞いたところ、それでも構わないと声を頂いたので今回デッキを上げさせてもらいました。


いかがだったでしょうか。

まだまだ未完成な部分も多く、これから推敲を重ねて強化できるポテンシャルを秘めたこのデッキ。

フリーなどで実際に回しながら、更なる進化を目指します!






次の記事はデッキレシピや考察ではなく、フリーの体戦記などもあげてみようかな...



ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3