皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ




とっても久しぶりで申し訳ないです...いや本当に(汗)

仕事やリアル、オフ会の準備に追われてブログの更新が滞っています。

気長に待っていただければ幸いです。





今回のデッキはあの遊戯の相棒ブラックマジシャンを使ってシンクロするデッキの紹介になります!


image



そもそもなぜブラックマジシャンをシンクロ素材にする必要があるのか?

永遠の魂で呼び出したブラックマジシャンは効果も受けない強力な耐性を付与されるので、シンクロ素材にする意味が薄いのではと思われがちです。

ですがこのブラックマジシャンは攻撃力2500、昨今の強力なモンスターの前に霞むほどの攻撃力しかありません。


しかし見方を変えれば、むしろ維持する必要はなく、魔方陣とブラックマジシャンを毎ターン特殊召喚することこそこのデッキの強みでもあります。


image


黒の魔導陣

永続魔法
「黒の魔導陣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。
その中に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード
または「ブラック・マジシャン」があった場合、
その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。
残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。



ならばエクシーズ素材やシンクロ素材として墓地にすぐに置ける状態こそ強さなのでは?

さらに蘇生手段の多いブラックマジシャンならばシンクロ素材としてかなり優秀なのでは?


ほらもう凄いでしょ?シンクロしたくなったでしょう?

image





それでは今回のデッキ紹介になります。

image


image



ドローソースの命削りの宝札が制限改訂を食らわなかった為、安心して投稿できます(消すか迷ってました...)。

ブラマジに魔術師ペンデュラムを入れたシンクロ、エクシーズ型になっています。

それでは簡単に解説をしていきます。



デッキのコンセプト

このデッキはマジシャンズナビゲートが「闇属性・魔法使い」を特殊召喚できるという効果を最大限に利用するデッキになります。

image


マジシャンズ・ナビゲート

通常罠
(1):手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。
その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、
墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの
表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


マジシャンズナビゲートの効果で手札のブラックマジシャンを特殊召喚し、デッキから調律の魔術師を呼び込めばレベル8のスターダストを呼べます。

(※今回のデッキでは不採用だが、ナイトエンドソーサラーを指しておけば、エクストラに蒼眼の銀龍も入れることができる)

もちろん追加のブラックマジシャンを呼び出してエクシーズすることも可能ですので、状況において使い分けが肝心です。


しかし相手ターンに魔導陣を貼った状態で出せば、実質除去とシンクロの展開準備を同時に行えるのは優秀です。



ブラックマジシャンシンクロのメリットは?

シンクロメインに寄せた理由は、前述したようにブラックマジシャンをシンクロすることで墓地に置くことが可能であること。

そしてスターダストのようなシンクロモンスターの防御力で強力な展開札の永遠の魂や、優秀な除去札の黒の魔導陣を守れることにあります。

またブラックマジシャンは通常召喚を行わず
特殊召喚がメインとなるため、チューナーに気軽に召喚権を回せます。

チューナーと非チューナーの召喚権の差別化がしっかりできているブラックマジシャンは、なかなか優秀なシンクロデッキとしても活動が見込めますね。



さらにこのデッキにあるダーク・ホライズンによる展開も面白いコンボです。


image


ダーク・ホライズン

通常罠
(1):自分が戦闘・効果でダメージを受けた時に発動できる。
受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つ
魔法使い族・闇属性モンスター1体をデッキから特殊召喚する。



ダーク・ホライズンはダメージを受けた際にその数値以下の闇魔法使いを特殊召喚するので例えば...

①マジシャンズナビゲートを発動し、手札のブラックマジシャンとデッキの調律の魔術師を特殊召喚。

②特殊召喚された調律の魔術師の効果で400ダメージが発生。

③ダークホライズンが発動し、デッキから調律の魔術師を再び特殊召喚。

このコンボをすれば、レベル8をシンクロした後にレベル1チューナーが残ります。


ということは。



image



レッドデーモンアビスが立ちます


ここまでスタダ推しでレッドデーモンを解説に取り入れませんでしたがそんなことはありません、くまごろーが使うならレッドデーモンもこの悪魔アビスも出ます。

ちなみにアビス前のスカーライトは通常モンスターのブラックマジシャンを自身の効果で巻き添えにしないため、その力を存分に発揮できるレベル8シンクロなので相性も良いです。

マジシャンズナビゲートがなくとも、ダークホライズンさえ伏せていれば調律の魔術師を通常召喚してもダメージは発生するので調律の魔術師を2体呼ぶことが出来るという点も忘れてはいけない展開手段になります。



アビス、永遠の魂、黒の魔方陣が並んだのならばその制圧力はかなりのものになる上、ビートダウンもされづらいのでかなり厚い布陣です。

ただしカオスMAXてめーはだめだやめろください(´・(ェ)・`)



魔術師・ペンデュラムモンスターの採用理由

マジシャンズナビゲートやホライズンで展開して墓地に送られた調律の魔術師の再利用が可能な魔術師ペンデュラムモンスターは、ブラックマジシャンも展開可能札なので採用しています。

龍脈と龍穴の魔術師はバニラモンスターであるため、幻想の黒魔術師の効果で呼び出せるのもメリットです(ブラックマジシャン3枚のみの場合、デュエル中盤で幻想の黒魔術師の効果対象のブラックマジシャンがデッキにいないことが多々ある)。


しかしそれを踏まえても...あるカードが違和感を占めている筈です。

image


EMキングベアー

ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/獣戦士族/攻2200/守1000
【Pスケール:青7/赤7】
(1):このカードを発動したターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスター及び
自分の墓地のモンスターの中からレベル7以上のモンスター1体を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
(1):攻撃表示のこのカードは魔法・罠カードの効果では破壊されない。
(2):このカードの攻撃力は自分バトルフェイズの間、
自分フィールドの「EM」カードの数×100アップする。


キングのデュエル(仮)のブログ投稿者のくまごろー...あれ?


これ、私か!?

と思うレベルの名前のカードですがしらんそんなことはKONAMIの管轄外だ(銀河眼使い感)


ですが実際このカードは非常重要な役割のある優秀なカードです。


image



このデッキには命削りの宝札が3枚採用されています。

命削りの宝札はエンドフェイズに全ての手札を墓地へ送るデメリットが辛く、手札のブラックマジシャンを特殊召喚しなければならないマジシャンズナビゲートとは相性がかなり悪い。

たとえブラックマジシャンをドローしたとしても命削りのデメリットで墓地へ送られてしまい、マジシャンズナビゲートの発動条件を満たせなくなってしまうからです。


しかしキングベアーは命削りの宝札が発動していたとしても、ペンデュラム効果で墓地のブラックマジシャンを回収可能なのです!

よくわからない方は命削り妖仙獣のギミックと置き換えてもらえば分かりやすいかもしれない。

命削りのデメリットの墓地へ送る効果の発動後にキングベアーのペンデュラム効果を発動すればデメリットを回避しつつブラックマジシャンを手札に加え、マジシャンズナビゲートを発動可能な準備状態にできるのだ。

image


さらにキングベアー自身が魔法罠で破壊されないので、永遠の魂のデメリットでも破壊されないことは頭に残しておこう。




余談ですが、ブラックマジシャンの貴重な手札回収手段であるキングベアー...ブラックマジシャンやレッドデーモンと並ぶとかなり間抜けに見えますが気のせいでしょう(白目)

image








デッキのデメリット

魔術師とEM、チューナーを混ぜた結果...黒の魔導陣の発動処理後のサーチの大きな阻害になる場合も多いです。

もとよりブラックマジシャンデッキ自体がロッドを通常召喚するか、永遠の魂やブラックマジシャンを握ることに重きを置いている為、ドローソースを積んで安定させるレベルのデッキであることも原因です。

また、特殊召喚封じに弱くペンデュラムカードが固まると取り分け味気ないデッキになりがちでもあります...

ブラマジデッキの宿命として、魔法罠除去...特にエンドサイクに脆く、ナビゲートを発動することなくゲームの主導権を握られるのも厳しいです。

コンセプトとしてシンクロは押しきる手段か防御力を高める手段として、大前提はブラックマジシャンをどう活躍させるかにあります。



つまりレッドデーモン自体がブラマジで突破口を切り開けない時の切り札なので、レッドデーモンをメインに戦えないのがなんとも言えないです...

ただし、イリュージョンマジックやキングベアーの存在で通常のブラックマジシャンデッキよりナビゲートの発動がかなり狙いやすいので、積極的にシンクロを狙いましょう!









以上が今回のデッキ解説になります。


いつもの高速展開と違い、かなりじっくりと戦うデッキでしたがいかがでしょうか?


実は今回のデッキはTwitterのフォロワーさんから依頼を受けて作成したデッキになります(笑)


「ジャックのファンなのですがブラックマジシャンばかり使ってしまって困っています...」という意見もこれで解決ですね(ニッコリ)


image




個人的には魔導陣が強すぎるので...フリーだと相手の除去をしやすく、簡単に盤面を切り崩せるパワーがあります。


クリスタルの効果をすり抜けて除去を行える点もかなり高評価です。


もしTwitterにて「こんなレッドデーモンが見たい!」という意見があれば是非メールを頂ければ幸いです♪

可能な限り要望に沿ってレッドデーモンをシンクロするデッキをつくりたいです♪


私のフィールが会わない場合は無理なのですがね...




さて、次回の発売パックはついにアクセルシンクロやデュアルテーマも発表されましたね!

キング的にも大丈夫です(阿武隈感)!


ブログはのんびり更新していきますので、気長にお待ちください!


あと皆!Vジャンプ9月号は必ず応募者サービスを応募しよう!

新規ジャックのカードが収録されるぞ!!



image



ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3