皆さんおはようこんにちはこんばんは。
くまごろーです(^(ェ)^)ノ



リアルが現在非常に多忙ですが、レッドデーモンしてます。

結婚式前で忙しくても…やらなきゃならないことがあるんです!



まずはこの素晴らしいイラストをご覧ください。


image


こちらのイラストは三十路デュエルでお馴染みのモトさんの息子さんから頂きました、手描きの『スカーレッドノヴァドラゴン』です!

以前彼とデュエルをした際に私がもうすぐ結婚すると知り、御祝いとしてこのイラストをプレゼントしてくれたのです。








……………………………いやぁ



こんなに、


こんなに嬉しいことがあってよいのでしょうか




今日日レッドデーモンをシンクロするために日夜研鑽の日々を過ごしてきました。


もちろんそれは『レッドデーモンでエンターテイメントを広めたい!』という気持ちから始まったものでした。


そうしてデュエルを通して沢山の人たちと繋がって…


その繋がりのなかで出会えたまだデュエルのルールも分からない少年が、ジャックアトラスでもなんでもないくまみたいな奴を

『レッドデーモンがカッコいい!』
『キングおもしろい!』
『スカノヴァつよい!』

と応援してくれる。


デュエリストとして、一人の人間としてこんな素晴らしいことはないじゃないですか…


正直な話…このスカノヴァのイラストをもらったとき、涙が出ました。

あぁ、遊戯王しててよかった。


心から思えた瞬間でした。





そして話はこれだけではありません。


その子の親のモトさんもレッドデーモンをプレゼントしてくださったのです。

パックを渡され、開封するとレッドデーモンが入っているという遊び心を加えてです。


二段構えで私の涙腺を破壊しに来ましたね…もう貰った帰りの車のなかで号泣してました。

image




こうなればデュエリストとして!

レッドデーモンを追い求めるものとして!

貰ったこのカードで、デッキを作るしかないじゃないですか!


レッドデーモンで相手を焼き付くし、スカーレッドノヴァを…ダブルチューニングを極めるデッキを!

image








スカノヴァを扱うポイントをおさえよう

※やや前置きが長くなりますが今までブログでスカノヴァに触れてこなかったので細かく解説を挟みます。

image


スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン

星 12 / 闇 / ドラゴン族 / 攻3500 / 守3000

チューナー2体+「レッド・デーモンズ・ドラゴン」
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在するチューナーの数×500ポイントアップする。このカードは相手の魔法・罠・効果モンスターの効果では破壊されない。また、相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをゲームから除外し、相手モンスター1体の攻撃を無効にする事ができる。エンドフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。




スカーレッドノヴァドラゴンはレッドデーモンをシンクロ素材に要求する最上級シンクロモンスター。

最大の魅力はその攻撃力。
そしてイラストのかっこよさ。


2体のチューナーを要する特殊なシンクロを用いることもあり、このモンスターがシンクロした時点で最低でも攻撃力4500は固いです。

場合によりけりですが、攻撃力5000のスカーレッドノヴァくらいならすぐに立てられるでしょう。


しかしスカノヴァはその攻撃力特化の代償か、かなり場持ちのよくないモンスターです。

確かに破壊耐性を持ち、攻撃に反応して自身を逃がすことができ、攻撃力5000を越えればホープザライトニングで突破もされませんが…

スカノヴァが登場した時点で既にオネストというカードも存在していた為、その攻撃力を過信することも出来ませんでした。


また、カステルやABCドラゴンバスターなど、いとも容易く出される昨今のバウンス、除外に苦しめられすぐに場を離れてしまいます。

効果に対する耐性もないため、あっさりと攻撃力を下げられてしまうことも…

アニメではフリーチェーンで逃げられたのですが、当時は再現されませんでした…




スカノヴァの悲劇はそれだけにとどまらず、レッドデーモン自身の強化にも苦しめられます。

新たに登場した同じくダブルチューニングモンスターのレッドデーモンカラミティはそのターンキルするなら圧倒的な封殺力があり、スカノヴァを出す状況なら防御に優れたアビスや展開のベリアルなど新規による追い風が…


うっ…頭が…


image



さぁだしきったぞ弱点…まだまだあるかもだが出した!出しきった!いいね?

というわけで、このスカノヴァで相手を叩き潰す大筋を考えてみましょう(涙)





やっかいなモンスターと並べる

レッドデーモンの進化形態の一つであるアビスがとなりに並んでいるだけでもスカノヴァの存在感は大きく変わる。

除去手段にバウンスや除外、吸収が増えたと言えど最もポピュラーな除去は破壊です。

相手はスカノヴァの破壊に一手、アビスの効果を撃たせて除去に回すまで二手と手間がかかります。

破壊耐性持ちはそこに立っているだけでヘイトを溜めやすいのでここに罠などを絡めて大型シンクロ囮に、戦略性を高めればスカノヴァも王者の風格を持つでしょう。


除去される根本を断つ

スカノヴァの天敵、強制脱出装置などの除去手段をあらかじめ断つことで牽制します。

相手ターンにサイクロンなどでバックを剥がす等でスカノヴァおよびレッドデーモンを暴れさせる場を作ること…簡単なように見えてそれが出来れば苦労はないという根本ですね。


チューナーを複数場に出す手段を持つ

スカノヴァで戦う以前にダブルチューニングする手段が必要です。

チューナーを2体並べる為に消費を伴うスカノヴァは準備に手間取ることが多く、決められる盤面をむざむざと逃すことになりかねません。

展開の要所で自然にチューナーを2体準備するギミックを持つデッキでなければなりません。




この①厄介なモンスターを置いて妨害しながら複数体チューナーを並べるという無茶ぶりを押し付けられたのが、タイトルでネタバレされているクリストロンになります。



クリストロンとは?


クリストロンは新規に登場した水属性機械族で統一されたテーマのデッキであり、相手ターンにシンクロを行いつつ妨害することをメインにしたテーマです。

非チューナーはそれぞれが墓地から除外して発動する効果か、自身のフィールドのカード(自身も対象可)を破壊することで、デッキから相手ターンにシンクロを行うチューナーをリクルートする効果のどちらかを発動できます。

カードを破壊してチューナーをリクルートする効果発動後は、際ターン終了時まで機械族Sモンスターしかエクストラより特殊召喚できなくなるデメリットを負うので、そのターンレッドデーモンは出せない点に注意が必要です。

image


リクルートされたクリストロンチューナーはそれぞれクオンが手札のモンスターと、シトリィが墓地のモンスター、リオンが除外されたモンスターを特殊召喚してシンクロを行います。

image


また、クリストロンカードをコストに手札か墓地から特殊召喚する非チューナーのサルファフナーはデッキ展開のキーカードであり、特殊召喚したときにフィールドのカードを破壊します(自身も対象可)。

サルファフナー自身が効果、戦闘で破壊された場合クリストロンモンスターをリクルートする為、コスト1枚で召喚権を使わず展開することが可能です。

この効果でのリクルートには機械族Sモンスターへの縛りがないので有効活用しましょう。

image



シンクロモンスターには優秀なカードが多くフォーミュラシンクロンのように相手ターンにシンクロ召喚を行うクオンダム、特殊召喚されたモンスターを全て守備表示にするアメトリクス、シンクロ召喚成功時に相手の場と墓地の全ての魔法罠を除外するアクセルシンクロモンスターのフェニキシオン、シンクロ素材としたモンスターの数だけ相手の場と墓地のモンスターを除外するダブルチューニングモンスターグリオンガンド。

文章で説明するとかなり長いですが、かなり個性的かつ面白い効果を持つモンスターが多いです。

image



ダブルチューニングモンスターが存在するだけあり、チューナーを2体揃える罠も存在します。

手札と墓地からクリストロンチューナーを特殊召喚するクリストロンエントリー。
クリストロンエントリーを除外することで場のクリストロンモンスターを対象に、デッキから墓地へ送るクリストロンモンスターのレベルを同じにすることができます。

クリストロンインパクトは除外されたクリストロンを蘇生させることができ、墓地除外でクリストロンを対象とするカードの効果を無効にできます。

どちらのクリストロン罠の墓地効果も墓地に送られたターンには発動できないので使う場合は注意しましょう。

image




ざっとした解説でしたが、要点をまとめると相手ターンにシンクロ召喚する準備を自分のターンに非チューナーを使って行い、所々で罠を使ってそれをサポートするテーマです。

先に説明した②と③を満たしているということで目をつけた次第です。





レッドデーモンとの親和性

機械族縛りのシンクロを条件付けしているクリストロンとレッドデーモンを結びつける最大のポイントは、シンクロモンスターのアメトリクスを活用しやすいということです。

image


水晶機巧-アメトリクス

【 シンクロモンスター 】
星 5 / 水 / 機械族 / 攻2500 / 守1500

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て守備表示にする。
②:S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、Sモンスター以外の自分の墓地の「クリストロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



クリストロンチューナーによる相手ターンのシンクロ召喚でアメトリクスの効果を発動して相手モンスターを守備表示にし、自分のターンにレッドデーモンをシンクロ。

レッドデーモンで攻撃し、デモンメテオにより守備表示モンスターを全て破壊する気持ち良さは半端じゃないです。

image




新規カードを採用すると解説が長くなっていけませんね。

雑な解説でもかなりの文章量になりました(汗)





それではデッキ考察に移りましょう。





クリストロンバゼストマレッドデーモンデッキ


image


image




バージェストマ採用理由について

またバージェストマかと思った方…すみません(汗)

バージェストママーレラがレモンと相性がいいのも相まって色んなテーマに出張させています。

というかハマってしまったから仕方無いんです…



そもそもクリストロン自体がバージェストマとかなり相性が良いです。

能動的に罠のサーチに繋げられるため、バージェストマの墓地効果とも噛み合いますし、水属性をいかして餅カエルを入れても十分強いでしょう。


バージェストママーレラは握るだけで多くの選択肢を持てるカードです。

妨害用に迷い風、光の護封霊剣を送ることができ、スカーレッドコクーンを落とせばレッドデーモンの蘇生ができます。

クリストロンエントリーは落とせば返しのターンでクリストロンモンスターのレベル変動と墓地肥やしを一挙に行えます。


そしてマーレラの選択肢に、今回のデッキでは屑鉄の像が入っています。

屑鉄の像はどこから墓地に送られた場合にも墓地のジャンクモンスターを蘇生できます。

デッキのチューナーをジャンクシンクロンにしたこともあり、マーレラでの展開パターンが増えました。

もちろん屑鉄の像自体もペンデュラム効果を妨害したり、永続魔法罠への対応もできる点でポイントが高いです。




デッキの運用方法


クリストロンは過剰展開すると自らの首を絞めてしまいます

image



クリストロンは展開することで協力なシンクロモンスターを呼べますが、それを相手への牽制にすることが最大の強みです。

先行でぶん回せたとしても、それはあくまで相手への妨害の準備として捉えましょう。


ある男の言葉を借りるなら「デュエルはエンターテイメントでなければならない!」です。


バージェストマにクリストロンが混ぜてある分、相手に殴りかかられる事へのある程度の対策がとれるはず。


相手ターンシンクロができるならば、大量展開や高火力モンスターにはアメトリクスが守備にして対応してくれますし、クオンダムだけでも墓地のクリストロンモンスター蘇生効果でダメージは減らせます。

機械族シンクロモンスターのインゼクトロンパワードならシンクロ自体に成功すれば、ワンキルはされません。

バージェストママーレラなら護封霊剣で耐えられます。

場が整っているのならフィールドをブラックローズドラゴンでまっさらにすることも可能です。


これだけ対策があるなら、まずは殴られたら死ぬわこれぐらいにまで展開させればいいというわけです。

窮地に陥った演出として受けに回り、ターンをしのぎきる。

そしてこちらの手番でレッドデーモンへのシンクロを狙いましょう。


キングのデュエルを地で行くテーマほんと好きです。

image




クリストロンカード以外の各カードの採用理由


増殖するG

手札から能動的に墓地へ送ることができ、なおかつ相手への牽制もしてくれる優秀なレベル2。

墓地へ送り、シトリィで墓地シンクロを行い、クオンダムにしよう。


スクラップリサイクラー

展開の要であるサルファフナーを墓地に送ることができるモンスター。

手札にこのカードとクリストロンカードがあるだけである程度展開できる必須札です。

同効果でジェネクスウンディーネもいますが、ジェネクスコントローラーとジェットシンクロンを抱えるリスク回避に使用していません。

ただしジェネクスウンディーネならヴェーラーを打たれてもコストでサルファフナーを落とせるのでこちらを選択するのもありです。



強制転移

モンスターをお互いに対象にとり、入れ換える魔法カード。

取り替えた相手のモンスターはクリストロン非チューナーの破壊対象にして除去してしまいましょう。

送り付けるモンスターはクリストロンシンクロモンスター(破壊時にクリストロンモンスター蘇生)やローズニクスのトークンを送り付けてやりましょう。

守備表示にして送り付けることでレッドデーモンのデモンメテオに巻き込む的を作り出せます。

また、トリッキーな戦術として相手へレッドデーモンを送り付ける戦術もあります。

相手のターンにアメトリクスでバトルフェイズに送り付けたレッドデーモンごと守備表示にしてレッドデーモンの全破壊効果に巻き込ませることができ、相手に自分フィールドのモンスターを処理する手間を負わせることができます。

成功したら「駄目だなぁお前は…まるでレッドデーモンを扱えていないではないか」と皮肉をいれましょう。

リアルファイト不可避です(笑)


image





さていかがでしたか?

今回はコンボ解説は省かせていただきます。

クリストロンの動きが完成されているのでエクストラくらいしか変化ないですからね。


スカノヴァやレッドデーモンを取り入れた新たなクリストロンの形も楽しいかもしれませんよ?




あと余談ですが、ブログ主は明後日が結婚式です(おいそこ遊戯王やってるばあいじゃねーだろとか言わない)

これからは更新頻度を戻していきたいと思いますので、またよろしくお願いします!




ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3


皆さんおはようこんにちはこんばんは。

死ぬほど久しぶりのくまごろーです(^(ェ)^)ノ


結婚式まであと一ヶ月を切りましたからもう時間ないです…あわあわしています。

ブログの更新が滞りまくっていて本当にすみませんです(苦笑)



ブログに出来なくとも常にレッドデーモンへの研究は続けているので、リアルに余裕が生まれ次第順次ブログは再開していく予定です。
モンへの研究は続けているので、リアルに余裕が生まれ次第順次ブログは再開していく予定です。



そして今回10月9日に吹上ホールにて机上オフに参加してきました!

リアルが忙しいとはなんだったのか…


image



その際に使用したデッキを紹介してほしいというありがたい声を頂いたので、今回紹介させていただく運びとなりました。

ありがてぇありがてぇ…

image






DHEROレモン/バージェストマデッキ


image

image

image



正直な話名前に困る…かっこいい名前に変えたい…

ですがデッキはその名の通り、DHEROにバージェストマをリゾネーターでつないだデッキになります。

基本的な戦術をおさえつつ、それぞれのシナジーを見ていきましょう。




ベアトリーチェの重要性

このデッキは彼岸世界のアイドル、ベアトリーチェが勝敗の鍵を握ります。


ベアトリーチェを作るためのルートは…

①レッドリゾネーターとダークグレファーor終末の騎士

② ダークグレファーとディアボリックガイorシャドーミスト

③見習い魔術師とディアボリックガイ

④見習い魔術師と終末の騎士orダークグレファー

⑤ダークグレファーとゾンビキャリア

⑥レベル4とおろかな埋葬と1チューナー


…と他にもパターンはありますが、デッキの大半のカードがベアトリーチェに繋がるよう構築されています。

それほどまでに/バスターデッキではベアトリーチェが必要不可欠です。


その最大の理由がバスター体のバスターモードの効果でのみデッキから特殊召喚できるの死ぬほど厄介なルールを回避する為です。


せめてテキストが「手札かデッキから」ならばこんなに辛くはなかったのに…


image





その制約故に/バスターモンスターは、出た当初から打出の小槌やリロードをデッキに投入しておくのがベストとまで言われていた事故札です。

素引きした場合コストにしかなりません。

/バスターを戻してドローするカードも存在しますが、そもそもの事故札を回避する為に新たな事故札を投入する意味もありませんからね…


そこで登場するのがゾンビキャリアです。

/バスターモンスターを手札に持っていても、墓地のこのカードでデッキトップに戻すことができます。

この戦術自体かなり使い古されたものですが、
ベアトリーチェの存在のおかげですぐに墓地におけるのはかなりの強みです。

また、/バスターモンスターだけでなく手札に来てしまったディアボリックガイを戻すのにも一役買ってくれます。


もちろんゾンビキャリア以外にもディバインガイやジェットシンクロンを落としたり、ベアトリーチェを立てる際に使用していないディアボリックガイを落とすのにも働くベアトリーチェ
は、事故回避と展開の両方を兼ね備えたDHEROと/バスターモンスターを繋ぐ重要札です。



まだまだ働くゾンビキャリア

ベアトリーチェ同様に酷使されるゾンビキャリアにはもうひとつ、バージェストマの素材としても休みなく働いてもらいます。

残業代なんか出ないよ


image



バージェストマは罠カード発動の際に墓地からチェーンしてモンスターとして特殊召喚される不思議なテーマです。

このバージェストマの効果で特殊召喚されたモンスターはフィールドから離れる際に除外されてしまいますが、エクシーズ素材とすることによりその制約を外すことができます。

それはゾンビキャリアも同じことであり、バージェストマオパビニアをエクシーズする素材とすれば、除外を回避することができます。

レベル2にはレッドリゾネーターも含まれるので、要所を見て布陣を固めましょう。





バージェストマの必要性

そもそもバージェストマが何故必要なのか。

フィールドを離れれば除外される罠モンスターをシンクロ素材に選ぶ意味はない筈です。

しかし…シンクロテーマにするからこそ、バージェストマのある罠カードが存在感を放つことになります。


image


バージェストマ・マーレラ

①:デッキから罠カード1枚を墓地へ送る。
②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。



バージェストママーレラが面白いのは、罠カードならなんでも落とせるというテキストにあります。

これに注目すると、なかなか面白いカードが見えてきます。



①光の護封霊剣

映画にて遊戯が海馬を守るために発動した永続罠カード。

光の護封霊剣は墓地から除外することで直接攻撃できなくする効果があります。

つまりマーレラ伏せエンドでも、墓地に送ることでワンキルされない状況を作り出せるということです。

素引きして手札に握っていても十分に強い防御札として機能してくれるのもポイント高いです。


②迷い風

新規の罠カード。

フィールドでは特殊召喚された相手モンスターの攻守を半分にしながら効果を無効にできる強力札ですが、墓地にある場合はエクストラからモンスターが特殊召喚されたとき、フィールドにセットできる効果があります。

十二分に強いのですが…このデッキにおいてさらに生かしやすい理由は、アルティマヤ・ツィオルキンが立ちやすいことにあります。

そもそもベアトリーチェが立ちやすいということはレベル6が並びやすいということ。

そのうち、片方をコーラルドラゴンやレベルを上げたアクセルシンクロンにすることでツィオルキンルートに変更できます。


つまり…ツィオルキンを立ててマーレラをセットしてシンクロモンスターを特殊召喚。

次の相手のターンにマーレラを発動し迷い風を墓地に送れば、相手はエクストラからモンスターを呼び出すとこちらが更なるシンクロモンスターを立ててくるという布陣を作り出せます。

アクセルシンクロンで墓地にジェットシンクロンを置いておけば、レッドデーモンアビスとクリスタルが並ぶ相手が死ぬタイプの布陣です(白目)



③スカーレッドコクーン

実はマーレラでレッドデーモン蘇生が可能です(一番のポイント)。

ここまでレッドデーモンのことになかなか触れて来なかったですが基本レッドデーモンの為のブログですからね!むしろバージェストマの紹介をしたかったのはこの為!勘違いしないでよね!


スカーレッドコクーンは墓地に送られたターンのエンドにレッドデーモンを蘇生します。

つまりマーレラで墓地にこのカードを送れば、耐性のないレッドデーモンを相手の妨害を受けにくいエンドフェイズで呼び出すことが出来るのです!

これはレッドデーモン使いとしても大満足なカードではなかろうか。

相手もまさかバージェストマでレッドデーモンを蘇生させるとは考えないでしょうから、完全に意表をつくことが出来ます。

実際オフ会でもやられた側はかなりビックリしていました(笑)



ちなみにマーレラ以外にも、手札のDHEROを切りつつ相手の除外をはさむディノミスクスや、除外された護封霊剣やゾンビキャリア、ディバインガイを除外ゾーンから墓地へ戻すレアンコイリアなど、拡張性の強いものをデッキに投入しています。

というよりバージェストマ自体が罠を含むデッキとかなり相性がよい為、今後新たな出張パーツとして考察できそうな予感がすごいです。



image


※バージェストマなら/バスターだけでなく、スカーライトの破壊にも巻き込まれないのでレッドデーモンとは意外にも相性がよいです!



必殺のロマンコンボ!

ここからはやや遊びのようなコンボになります、実用性は低いですが全く使えない手段ではありませんので試すのも一興くらいにご参照ください。


伏せにバスターモードが存在する状況で、レッドデーモンとクリアウィング(クリスタルも可)を並べます。

アルティマヤがいるなら普通に起こり得る布陣ですね。

ディアボリックガイを2回分のこしてベアトリーチェを立てることで、すんなりとこの布陣は作れます。

この2体が並んだ状態でバトルを始めると…


①レッドデーモンで相手を攻撃し(3000)、バスターモードを発動。

②/バスターで追撃し(3500)、その後モンスターの全破壊が発生。

③クリアウィングの効果により/バスターの効果を無効にして破壊、さらにバンプアップし攻撃力6000に。

④クリアウィングの効果は同時処理のため、タイミングを逃さず/バスターの効果でレッドデーモンが蘇生される。

あとはクリアウィング(6000)とレッドデーモン(3000)で攻撃すれば…総合計15500ダメージを与えられます(笑)


ここまでくると完全なオーバーキルですね。

image




なおこのコンボを実際にオフ会で行い、ワイアームを上から殴り続けて5000ダメージ近く与えることに成功しました♪


ロマンコンボだとわかっていても攻撃力3000以上のモンスターが4回殴ってくるのは恐怖以外無いです…是非狙ってみよう!






さて今回は短めですがここまでの紹介とさせていただきます。

解説が足りない内容やよくわからない構築論にあふれた/バスターデッキですが、いざわいわい対戦すると最高にエンターテイメントできるカードです!

なお現在十二獣で初動からバスタールートが作れることが判明し、いそいそと構築を進めているくまごろーですが、それはまた別の話にしましょう。

では最後にオフ会のベストバウトレポを書いて終わりにしたいと思います。

レポを見たくないかたはここでバックしていただいて構いませんのであしからず。





机上団結デュエルベストバウト


・湯ノ宮さん

初戦でスタッフの方との対戦ですが…間違いなくベストバウトでした。

デュエル中盤に差し掛かり、相手はゴストリと幻影を駆使しつつ布陣を硬めダークレクイエム リベリオン マスキー ゴストリ(セット) バックにロールシフト 霧剣 幻影翼と完璧な防御体制。

こちらはセット二枚というところでトップ大欲の壺で/バスターを引き当てる(笑)


しかし墓地のゾンビキャリアで戻してディアボリックガイでレッドデーモンをシンクロ。

バトルフェイズに入り、レッドデーモンの攻撃に合わせてロールシフトで裏返されそうになるがバスターモードにて回避。

霧剣も伏せていたバゼでどかし、全てのモンスターをバスターで一掃することに成功する。

歓喜に震える中、湯ノ宮さんは霧剣と幻影翼を除外し幻影騎士団を蘇生。さらに幻影盾の罠モンスターを特殊召喚し3体のモンスターを揃え…そこからまさかのオシリスの天空竜。

幻影騎士団を除外しながら手札を4枚まで増やし、攻撃力4000となったオシリスは/バスターを粉砕し敗北。

まるでアニメのような展開に震えが止まりませんでした…


image



またあんな熱いデュエルをしたいものです!

机上オフのスタッフの皆さん、楽しい時間をありがとうございました!




ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3




皆さんおはようこんにちはこんばんは、くまごろーです(^(ェ)^)ノ


image



7月17日に開催された「第4回おっさん達が遊戯王OFF会‼」に参加させていただきました!


今回もハリマンボーイさんの素敵なイラストがホワイトボードに書かれてますねー

これクリボーシリーズらしいですね、はい。

いやもう少し描き分けが出来ただろうクリボーなら


あとすげーですよこれ、わかりますか?

image



image


プライムフォトンとホープカイザーだそうです。

本当かどうかは誰にもわかりません(謎)








さて気を取り直して今回私の使用デッキは超量タイラントとブログ未紹介のクリストロンレッドデーモンの2つをメインに使用させていただきました。

本当はボウテンコウ入り竜星レッドデーモンがあったのですが…エンタメ感が微妙で使用しませんでした(何故組んだ)





超量レッドデーモンタイラント

image


ブログで紹介した超量リゾネーターに更なるネタギミックとキング感を与えたデッキ。

以前より紹介していたデッキとの相違点は、儀式が入っていないにも関わらず祝福の教会リチューアルチャーチが投入されていることです。


image


祝福の教会リチューアル・チャーチ

フィールド魔法
「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



チャーチの効果で墓地に落ちたアルファンを墓地の魔法をコスト(デッキに回収)に特殊召喚することが可能となり、展開とリカバリー力に磨きがかかりました。


さらにここに教会を建てたことにより、レッドデーモンのシンクロを結婚式場で行うことが出来ます。

これぞ新ギミックウェディングシンクロです(狂気)

image



とまぁ冗談はさておき、実際チャーチの存在により切り返す力が増したことは事実です。

チャーチは蘇生対象にアルファンを含むため、発動さえすれば枚ターン墓地からアルファンを蘇生できます。

アルファンの効果をブラフに無効化系のカードを発動させ、本命のレッドリゾネーターやブルーレイヤーの効果に的を絞らせにくくなるようにするといった点でも非常に優秀です。


そしてエクストラには新顔のクリストロンフェニキシオンを取り込みました。


image


水晶機巧-フェニキシオン

シンクロ・効果モンスター
星9/水属性/機械族/攻2800/守2000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
相手のフィールド・墓地の魔法・罠カードを全て除外する。
(2):S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
このカード以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



実は超量リゾネーターはレッドデーモンにつなぐパターンを失敗した場合に、よくエンシェントフェアリーとフォーミュラーシンクロンで手が止まることがあります。

しかしフェニキシオンが登場した今、このパターンは相手ターンに魔法罠を全除外するカードをシンクロできる布陣になったということです。

またフェニキシオンの蘇生範囲はかなり広く、正規召喚したカラミティも復活させられます。





水晶機巧超量リゾネレッドデーモン

image


名前が長い(舌噛むわ)。

これは新段に登場した水晶機巧(クリストロン)を利用したシンクロデッキです。

なぜクリストロンなのか…それはスターライトジャンクションを最も効果的に使えるからです。

image


スターライト・ジャンクション

フィールド魔法
「スターライト・ジャンクション」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのチューナー1体をリリースしてこの効果を発動できる。
リリースしたモンスターとレベルが異なる
「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。



イラストが完全にネオドミノなんですよね、ならば「キングに相応しいフィールドに招待しよう!」が言えるじゃあないですか(発狂)!

クリストロンは相手ターンにシンクロを行うチューナーがおり、クリストロン非チューナーはフィールドのカードを破壊すればそれらをデッキから呼び込むことが出来ます。

ただしクリストロンチューナーをリクルートすると機械Sモンスターしか出せなくなってしまうため、レッドデーモンには些か厳しい混ぜ物かとおもっていたのですが…結果として素晴らしいコンビネーションを生み出してくれました。

自分のターンで超量やリゾネーターでクリストロンをコストにしながらレッドデーモンをシンクロし攻め、相手ターンではクリストロンによるシンクロでジャンクションと共に防御と除去を行えます。

詳しい解説は…どうしましょう、要望があればします。

今回はあくまでオフ会のレポなので、デッキ内容の解説を一からするとかなりながくなってしまうので(苦笑)





デッキのハイライト

超量リゾネレッドデーモン

13戦 7勝 4敗
レッドデーモンシンクロ 成功回数 13回
タイラントシンクロ 成功回数 7回
カラミティシンクロ 成功回数 7回


水晶機巧超量レッドデーモン

5戦 4勝 1敗
レッドデーモンシンクロ 成功回数 5回
タイラントシンクロ 成功回数 0回
カラミティシンクロ 成功回数 3回




ほぼ毎デュエルダブルチューニングしてました(笑)

ちなみにオフ会時リバーシブルのジャケットを羽織り、バーニングソウルする演出をする度ジャケットのカラーを赤に変えるという(意味不明の)演出をしていた私ですが、もうダブルチューニングしすぎて後半からずっとバーニングソウル状態で戦ってました。

image

(そのひとネタのためにA○KIで買ってきました。6980円もしましたwww)


私とデュエルした方はほぼダフルチューニングをみたのではないでしょうか?

途中ダフルチューニングした際に「ダフルチューニングってそんなにできるのか…」と呟かれた時めちゃくちゃ嬉しかったです。

ジャックもつよくなったな…うん(( ; (エ) ; ))



それではオフレポに入りますが、今回はベストバウトに焦点を当ててこの方、ミソ爺さんとのデュエルを紹介したい。


間違いなくオフ会当日のベストバウトでした。

使用デッキはマジェスペクターオシリスデッキ…ちなみに今回の反省部屋行きの方です(笑)


対戦する前にかなりの方から「あの人やべぇ」と言われていたので、本気で回し先攻クリスタルアビス罠セットでエンドするが、さすがはマジェスペクターで対象にとらないのをいいことにアビスやクリスタルを封じつつ大展開され、クリスタルは除外されてしまいます。

返しの私のターンで伏せ罠のリバイバルギフトで的をつくりアビスで殴り、レッドリゾネーターを蘇生してライフを10000越えにする。

しかしまけじとマジェスペクターも大展開とサーチを駆使しながら連続除去をくりかえし、ついにアビスも除去されてしまうが、その返しに私が超量を使いながらカラミティをシンクロ。

殴りつけライフを半分ほどまでむしりとる。

返しにミソ爺さんはまたもマジェスペクターをペンデュラム、サーチ、エクシーズと流れるように繋がりアークナイトでカラミティを吸われてしまい、後続が出せなくなる。

絶望のハンド0からトップドローの緊急テレポートでブルーレイヤーを呼び、アルファンサーチから展開、グリーンレイヤーの奇跡の1ドローでソルチャを引き当てる。

そのままレッドリゾネーター、エンフェ、フォーミュラ、アビスの布陣まで蘇生しエンド。

相手のマジェスペクターもそろそろ球切れ寸前のうえ、相手ターンに私がエンフェとフォーミュラからフェニキシオンを呼び出し、スーパーセルとスケールを全除外。

マジェスペクターもエクシーズに使われ、エクストラはほぼないがそれでも的確にアビスとフェニキシオンを除去される。

そして最後のだめ押し、フェニキシオンの効果でカラミティが再び呼び出され、返しのカラミティでライフを1500まで削り取る。


正直相手のデッキにはすでにサーチできる除去はなく、カラミティが次に殴れば勝ちという場面で勝ちを確信していました。

しかしミソ爺さん、最後のペンデュラムでキャット、フォックス、ラクーンを3体呼び出し2体でリヴァイエールをエクシーズ。

そしてなんと私の除外されたミラーリゾネーターを選択し、私の場のレッドリゾネーターを対象にミラーリゾネーターのレベルを2に変更。

リヴァイエールでレッドリゾネーターがやられたあと、フォックスとミラーリゾネーターでメタファイズホルスをシンクロされてカラミティのコントロールを持っていかれました。

これにはもう呆然で…笑うしかありませんでした。


最後はキングらしく高笑いしながらカラミティに殴られて敗北しましたが、悔いのない戦いでした。

またああいうデュエルをしたいものです!



他にも様々なデッキの使い手の方々がおられ、楽しくデュエルをさせていただきました!

本当に楽しかったです。



え?レポートが少ない?

いやぁ実はこの記事書いている間に社内清掃でオフ会メモが捨てられちゃいまして…


平謝りしか出来ないです…

だいたいドンサウザンドのせいですあ、痛い止めて石投げないで…(涙)



つ、次は絶対写真つきで細やかな内容まで掲載します!

が、がんばります!



ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3



image





↑このページのトップヘ