皆さんおはようこんにちはこんばんわくまごろーです(・(∀)・)ノ

フラゲですが新たな情報が出ましたね。


リンク召喚マスタールール4ですね。

マスタールール4はリンク召喚に重きを置くよう構築され、エクストラデッキからモンスターを一体しか出せなくするというルールが敷かれました。

※細かいルールは公式サイトをチェックだぁぁぁぁ!!

これには阿鼻叫喚な決闘者も多いことでしょう。

原作を模した決闘ができなくなるのはなかなか痛手ですからね。


かくいう私も練っていたデッキや所持デッキが動けなくなるものもでて来た為、書きかけの記事がお蔵入りになったのはなかなかつらみですね(苦笑)




しかしです。

しかしです。

しかして希望せよです。


エクストラゾーンとモンスターゾーンにフィールドが分かれたことで、ある現象が起こります。

それはレッドデーモンがフィールドの先陣に立つという画が撮れることです。

想像してください、レッドデーモンが先頭に立ち…その後ろを走るリゾネーター達を。

image




かっこいいじゃない(末期)

まだまだレッドデーモンで走り続けられるようがんばりたいと思います。


とりあえずデッキの練り直しを始めてみます!


っしゃ、頑張るぜレッドデーモン!




ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3



皆さんおはようこんにちはこんばんわくまごろーです(・(∀)・)ノ

image



今回もやってきましたおっさんオフ会!

私のメインデュエルオフフィールドといっても過言ではないこの場を最大限に楽しむため、日頃構築を練っておりました。

今回は新規カード「ダブルリゾネーター」をいかすべく構築したデッキです!


image



ダブル・リゾネーター

【 チューナーモンスター 】 
星 1 / 炎 / 悪魔族 / 攻0 / 守0 

「ダブル・リゾネーター」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱う。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その悪魔族モンスターをチューナーとして扱う。 


ジャックがBBとデュエルしたときに使用したチューナーモンスターです。

効果は分かりやすく場のモンスターをチューナーにする能力と、墓地から除外してフィールドの悪魔族モンスターをチューナーに変更する効果を持っています。

ダブルチューニングを強く意識したモンスターではありますが…同じくモンスターにチューナーを付与するカードには「チューニングガム」が存在し、あちらは墓地除外でシンクロモンスターに耐性を与えられます。

チューニングガムのほうが闇属性のためサポートを受けやすく、ダブルリゾネーターはこちらの少し控えめ版として登場したと揶揄されていました。

実際カード化が決まった際にはさんざんな言われようだったようですね…


けれどこのモンスターも歴としたリゾネーターであり、王者レッドデーモンの家臣たるチューナーの一体。

それにこんな面白いモンスターもなかなかいないということで、このダブルリゾネーターを生かすべく作り上げたデッキがこちらになります!




究極幻神ノイドレッドデーモン


image


image



勘のいい方はインフェルノイドを見た時点でお気付きかもしれないが説明しましょう。

このデッキはインフェルノイドを使った神召喚ギミックを取り入れたデッキです。


image



究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン
【 シンクロモンスター 】 
闇 / ドラゴン族 / 攻0 / 守0 

ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードは効果では破壊されず、攻撃力はフィールドのモンスターの数×1000アップする。
②1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
お互いのフィールドに同じ数だけ、「邪眼神トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。
このターンこのカードは攻撃できない。 



インフェルノイドは全てが悪魔族で統一されたテーマである為、ダブルリゾネーターの墓地効果でレベル8以上の非チューナーもチューナーに変えることができるのです。

そもそもインフェルノイドにはデカトロンというレベル変動可能(レベル2~11までという驚きの範囲)のチューナーを準備できるのでビシバールキンデッキにおいて十二分に性能を発揮できるのだが…ダブルリゾネーターの存在によってビシバールキンを特殊召喚する精度は段違いになっています。

素体さえ準備できれば次々と沸くノイドモンスターをチューナーに変えることができる時点でお察しですかね。


さらにアルティミトルビシバールキンの効果によって特殊召喚されたモンスタートークンは悪魔族である為、こちらもダブルリゾネーターの効果範囲に含まれているのも見逃せませんね!

トークンとトークンでシンクロ召喚を行うという芸当まで可能になるので、自分の邪眼神トークンの除去にも困らなくなるのはビシバールキンにおいて物凄い革命だと思うのですが、どうなんでしょうか…?(使い手見たことない)



さて、この究極幻神ノイドレモンデッキ(ネーミング面倒とか言わない)を使ったレポをまとめていきたいと思います!

※なお私くまごろーのメインデッキは超量リゾネーターのため、初デュエルの相手にはこちらのデッキを使用しています。






一回戦「キリン」さん

オフ会でお知り合いになり、オフ会以外でも何度も対戦されてる方です。

曰く「いきなりラスボスきた…」とか言われた気がしますが気のせいです。

私は善良な決闘者ですから(ニッコリ)


キリンさんの初動はどれどれ…オフリスコーピオから展開して?ふむふむ。お?おお?


image


やべぇしぬ(真顔)


いきなり初試合でビシバールキンルートをあらぬ方へ放り出し超展開。

ネヘモスを止められ、蘇生を止められて煉獄の虚無からなんやかんやしてタイラント出すことに成功する。

image


しかし返しは再びオフリから手札の融合でスターヴフィニッシュ。

負けましたがめちゃくちゃ熱かったです…



二回戦「在」さん

きたぞ!ベクタートークンのひと!

この方はスライム増殖炉を使いベクターの顔を模した面白トークンでとにかくビートし、トークン以外は罠で対処し徹底的に妨害を挟むというある意味伝説のスタイルの決闘者。

初手からもちろん増殖炉を発動し、ベクターを次から次へと展開される。

しかし私も変態性(レッドデーモン愛)なら負けるわけにはいかん!と除去の上からとにかくレッドデーモンをシンクロする作戦を敢行する。

ベクターの「なーんちゃって☆」の顔からのダイレクトアタックをもろに受けながらレモン、スカラ、アビス、ビシバールキンまで出したが次から次へと除去され、最後のレッドデーモンをシンクロし殴りかかったところで在さんのライフが尽きました。

除去されてもシンクロしつづけていたせいでライフがゼロになったことに気付かなくて「あれ?もうライフ0?」と唖然としましたが、私は決闘していたんだと理解するまでに時間かかりました。

あの方のフィール半端ないな…




三回戦「月影流雫」さん

来た!決闘を面白くする人!

この方もフィールぶつけまくれる人で「効果発動!」「な、なにぃ!?」とか素晴らしいリアクションがあるため皆を笑顔にする天才かと思うかた。

私と面識があるがゆえに初手Ωシンクロで「変わっちまったなキング…」とかぶりを振られるがそんなことはねぇとレッドデーモンとダブルリゾネーターでチューナーにしたΩをマイナスチューニングする。

これがレッドデーモンの新たなる形、ビシバールキンコンボだ!


image


この形になると不思議な盤面に遭遇することになる。

ビシバールキントークンが発生した際、トークンは攻守0の守備表示であり、ビシバールキンは場のモンスター×1000攻撃力が上昇する。

故にトークン含め相手はモンスターを守備にしなければ一撃のもとライフを失ってしまうのだ。

しかし守備表示のトークンがレッドデーモンで殴られればセットしたモンスター共々粉砕されてしまう…


そう、これこそビシバールキンとレッドデーモンの奇跡のコンボ!

ふははは!つよいぞー!かっこいいぞー!



そこの突破なんか簡単だという君!わかってる…わかってるからその寒い目線を向けるのはやめるんだ…

今回はこのコンボが見事に決まりフィニッシュとなる。

月影さん楽しい決闘ありがとうございました!




四回戦「dam」さん

オフ会前日から徹夜で決闘してんのにまだやるのかといわんばかりの対戦。

しかし今回彼は相当デッキを練ったらしくかなり完成度が高い!

カオスソルジャーと召喚獣を駆使したデッキは回転すれば恐ろしく強く、綺麗な布陣を敷いてくる…

正直すっごいカッコいいデッキでちょっと真似したかった。

image



いやまぁ結果としてはレッドデーモンのほうがかっこよかったです(ニッコリ)




五回戦「憂間」さん

女性決闘者の方でスリーブからデッキケースまでセレナと月光統一の超可愛いデッキ。

だが月光自体は半端ない殺意に満ち溢れてるんですよねぇ…(汗)


しかしそこでビシバールキンをどーん

月光の融合召喚の場をトークンで埋めつくし世界に邪眼神をの長官ごっこを始めるくまごろー(笑)

しかし相手も流石の月光使い…月光紅狐でビシバールキンの攻撃力を0にし月光舞猫でフィニッシュを狙ってくるが仁王立ちで攻撃をトークンへ誘導する。

机をバンバン叩きながら「うぉぉぉぉぉ」という彼女の前で「はははははは!」と長官のポーズで笑う私のラスボス感。

なんのアニメだこれ(笑)

笑いすぎて腹痛かったです。




六回戦「ミソ爺」さん

前回のオフでマジェ対レモンで派手な殴り愛をした方。

今回は植物シンクロデッキなのか、スポーアやロンファを駆使して攻めてくる。

大量のドローを重ねるもなかなかキーが揃わなかったようで、そのままビシバールキンビートをかまして上から殴り勝つ。

あとで聞いた話ではソピアデッキだったようで、私のノイドでスポーア除外が響いた様子。


そう、ノイド単体のパワーもバカにならないのでレモンが立った時には荒らし回った後とかよくあるのだこのデッキ。

ミソ爺さんありがとうございました!




六回戦「伝説の覇王」さん

いよいよ来た!

フォローしてました!覇王さま!

ヒーローデッキでガッチャ愛がすげぇ方と知っていたので魂の超量リゾネーターでお相手させていただく。


しかし覇王さんも私のことをご存知だったようで「あなたがあのくまごろーさん…」とか言われてしまった。私にどんな噂がたっているんだ…

覇王さんのエアーマンエンドに私の魂を見よと返しレッドデーモン、そのままついでにエン魔とレモンコンボを叩き込むと返しにキッチリネオスナイトでレモン2体を撃破される。くぅー(歓喜)

ならばと返しにタイラントをダブルチューニングしフィニッシュ!

決闘ありがとうございました!最後に「ガッチャ!」って言われてテンション上がりました。



八回戦「岩石‐S」さん

こちらの方もおっさんオフ常連。

記憶が正しければ第一回王者だったはず…

強者席へ案内されていたこともあり、気合いを入れようと超量リゾネーターを使用することに。

様子見にグランパルスエクシーズ(キャリアのコストは風来王)しエンドすると、相手は早速虹彩の魔術師とオッPをPゾーンにセットし、モンスターを裏守備エンド。

ただし虹彩の魔術師は破壊するとてんやわんやするだろうと踏み、放置してクリムゾンブレーダーでセットをつついてみるとなんとクリッター。

結果次のターンから相手はオッPをだせず、そのままバックごとタイラントで一掃することに成功。

後でデッキ内容を聞くとペンデュラムユベルだったそうで「くまごろーさん(スカーライト)には成功してもユベルはだめだったかも…」とのこと。

スカーライトタイミング逃させるもんなー…全ユベリストの敵だよな私(苦笑)




九回戦「バオット」さん

ここから最強の布陣(錯覚)ビシバールキンレモンコンボにヒビが入り始める。

完璧な初動でビシバールキンとレモンを呼び出しエンド、すかさずトークンで場を埋めきるがなんと儀式使い。

ビシバールキントークンを悠々素材に使用したスピリット儀式でビシバールキンもレモンも美味しくバウンスされてしまう。

このビシバールキントークンはなんの素材にしても構わないのである。


まさかこんな弱点があったとは…(白目)

楽しそうに素材を使われ、一気にワンキル食らいました。

スピリット儀式軸も多様な戦術みれて楽しかったです♪




十回戦「レンズ」さん

レベルスティーラー(故)使い。

スティーラーを駆使した姫宮と姫宮の百合百合オーバーレイから来る未来皇のコンボが見れないのは寂しいですね(変態)

しかしスティーラーが消えた反動でDDDに手を染めた上にザボルグでエクストラ破壊を目論んでいるらしい彼のデッキ。

そう、更なるビシバールキンの苦難であるトークンをアドバンス召喚の贄にされる現象が発生したのだ。

ビシバールキンせめてシンクロにしか使えないくらいの縛りがあればなぁ(笑)


しかしレンズさんのデッキにはビシバールキンを倒すカードが無いようで手が詰まりはじめる。

ならこのまま決めるとレモンで追い討ちをかけるがザボルグをアドバンス召喚されてしまう。

ザボルグからヌトスが落ちるもビシバールキンは破壊されない!ふはははは!と笑っているとデクレアラーが二枚落とされ儀式がサーチされる。

カオスフォームが。



ん?

ビシバールキンの邪眼神トークンは攻守0のモンスター。

ん?

レンズ「カオスMAX儀式召喚」

くま「やめろおおおおおお!」

まさか8000の貫通ダメージくるとか…笑いがとまらなかったです(笑)





十一回戦「準」さん

ルール聞くならこの人に聞けってくらいカードに精通されてる方。

ちなみに青眼を愛し、DDDと絡めて社長デッキを長らく使っている。


この人とデュエルすると毎度信じられないくらい熱いデュエルになります。

今回とは別の機会でタイラント除去されてからもう一度タイラント出したことあるくらい熱いデュエルになります。


例に漏れず今回も熱い展開で相手は先行サイフリートにタイタニックギャラクシーを決めてくる。

一方私はそこからビシバールキンを出すことに成功し、相手の度肝を抜く。

トークン生成からの高打点を生かしDDDの展開を邪魔しまくる。

そしてレモンや青眼が大挙する中、初手ビシバールキンにライフを4000削られていた準さんの手が止まる。

image


この場合ビシバールキンの攻撃力は7000であり、青眼を守備にしなければライフピッタリ0になる場面である。

準「ここで…青眼の、膝を折るのか…」

くま「!?」

準「俺は…魂を折るくらいならこいつと沈むぜ、ターンエンド!」


かっこいい…

いつか絶対真似すると心に誓い、青眼に引導を渡しました。





十二回戦「mint」さん

こちらはおっさんオフ四回王者のかただったかな?

記憶が曖昧ですみません(苦笑)


デュエルの流れは私がビシバールキンレモンのコンボを決め、相手のワケわからん間にトークンで場を埋めることに成功する。

相手のデッキにマドルチェギミックが見えたため、場を4つ埋めてエクシーズを封じ続ける。

「あー…トークン邪魔」の呟きが最高に気持ち良かったです(笑)


しかしここで残された1ゾーンでシザータイガーを融合し自らのトークンを割り無理やり場をこじ開けられる。

なるほどと感心する間もなくタイガー×2クラーケンが飛び出しビシバールキンを除去される。

しかしライフが残ったため、ここからのレモンアラドメレクで場を一掃し再び逆転する。

しかしここで神引きトップマドルチェホーットケーキからのティアラミスが盤面を完全にひっくり返してフィニッシュ。

いやぁワクワクした…

最後に「ダブルリゾネーター強いな…」と一言頂けたのでデュエル内容含め大満足でした!




十三回戦「マツケン」さん

イケメンの方でプレマもイケメンだった(プレマ写真とっとけばよかった…)

デッキはダルクリバースの憑依着装デッキ。

初めて対戦する方だったのでくまごろーの代名詞超量リゾネーターを使用する。


バックとモンスターを伏せられたのでグランパルスで割ってみると妨げられし壊獣の眠りが見えたため慌ててクリブレをシンクロする。

クリブレでモンスターを破壊するとダルクだったためここで憑依ギミックだと判断しましたが、クリブレで壊獣が出せないようでそのままレモンで焼ききることに。

超量リゾネーターギミックを始めてみた様子で「面白い動きですね♪」と誉めて頂けて涙出そうだった…

遠方から遥々来られたそうで、機会があればまたデュエルしたいです!





十四回戦「づー」さん

ここ最近でデュエルしてテンション上がらなかったことがない人第一位。

月影さんレベルかそれ以上にフィールの昂りで波長が合います…故に喉を痛めます(デュエルは回りの迷惑にならないようにしよう!)


づーさんのデッキはアンデ音響召喚獣レッドデーモン…ついにオフ会でのレッドデーモン対決です。

召喚獣ライディーンやシラユキギミックを使った裏守備妨害はレッドデーモンと相性が素晴らしく良く、レッドデーモンズドラゴンをいかした構築でした。

対戦自体はづーさんのペースで進むが、くまごろー煉獄の饗宴からのレモンからの「レッドデーモンをチューニング!出でよ究極幻神!」の掛け声で突然のビシバールキンを展開。

ここいらでギャラリーが集まりはじめて場がざわざわ(半分くらいは爆笑)しはじめる。

余談ですがこのときづーさんと私は人が集まりすぎてあたふたしていました。

ビシバールキンは裏守備にしてしまえば怖くはないとはいえ、シラユキの発動で多くの墓地除外をしたづーさんの墓地が悲鳴をあげ始めるもビシバールキンもしっかり除去される。

しかしくまごろーもそこで諦めずΩでビシバールキンを戻し、再びビシバールキンを降臨させる。

何故二回だしたし(ノリ)

そのデュエルではビートして勝てましたが、二回目はビシバールキントークンをチャージウォーリアで一体づつ潰されるという新たな弱点も判明しました(笑)

ともあれ楽しいデュエルでした!











以上が私のオフ会レポートになります。

今回はレッドデーモンでデュエルするというだけでなく「レッドデーモンを神へと昇華させる!」のコンセプトでデッキを構築しましたが、自分の想像を越えていいデュエルができました。

なにしろ究極幻神ノイドレモンは12戦使用して10回出せたのです!

私自身ダブルリゾネーター含めテンションでどうにか出せれば程度に考えていたのですが、ここまで成功率が高いとは思いませんでした。

ダブルリゾネーターがこんなに欲しくなるデッキもそうないですし、値段とパーツもお手頃なこのデッキを皆さん是非試してみてください(姑息なステマ)


またデュエル内容に限らず、リアルの私の結婚を祝ってあたたかい言葉を沢山頂きました。

重ねて感謝させていただきます。


image


まさかご祝儀までいただけるとは思わなくて泣きそうになりました…


image


内容も半端なく豪華でした…宝物にします。

デュエルを通して宝物が増えてきました、ありがたい話です(涙)


ブログ自体は亀更新ですが、Twitterでは頻繁にレモンの考察を日々しておりますので気長にお待ち下さい。



最後になりましたがおっさんオフの皆さん楽しい時間をありがとうございました!

次回も楽しみにしております(笑)




ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3




おはようこんにちはこんばんわくまごろーです(・(∀)・)ノ

師走というのは忙しい時期でして、多忙な日々に追われています。

皆様どうお過ごしでしょうか?


私は暇を見付けてはデッキを構築する毎日です。

日に1時間しかカードがいじれなくとも私は元気です(白目)

不採用になったデッキも二桁になりそうなところで新たなカード情報が来ました!



その名も「風来王ワイルドワインド」「シンクロコール」の二枚です!

さっそく見ていきましょう。





image


風来王 ワイルド・ワインド

星 4 / 闇 / 悪魔族 / 攻1700 / 守1300 

①:自分フィールドに攻撃力1500以下の悪魔族チューナーが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、自分はSモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナー1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 




image


シンクロコール

①:自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターを含む自分フィールドのモンスターのみを素材としてドラゴン族・悪魔族の闇属性Sモンスター1体をS召喚する。 




えっつっよ。

確かにどちらともあらゆる場面に対応できるカードではありませんが、ジャックデッキ及びリゾネーターデッキを組んでいる方にはこれほど有能なカードもないでしょう。



風来王ワイルドワインドについて

漫画版遊戯王5D'sにてジャックが使用したカード。

漫画版ジャックは○○王と名のついた悪魔族モンスターでデッキを構築しており、風来王ワイルドワインドもその一枚です。

劇中では効果のないモンスターでしたが魔改造されて帰ってきましたね。


①の効果は攻撃力1500以下の悪魔族チューナーがいるとき自身を特殊召喚できる召喚ルール効果。

昨今リゾネーターデッキの展開基盤はレッドリゾネーター依存だったため、レッドリゾネーターに頼らず特殊召喚できるのは本当にありがたい効果です。

ヴェーラーやブレスルをレッドリゾネーターに向けさせて、風来王を自身で呼び出しレッドライジング経由でレッドデーモンにすることができますからね!

悪魔族チューナーを指定している分奇術王ムーンスターより汎用性に欠けますが、頼もしい限りです。


ちなみに条件を満たす悪魔族チューナーにはリゾネーター以外にも

・インフェルノイドデカトロン
・魔轟神レイヴン クシャノ オルトロ ミーズトーチ
・DDラミア オルトロス ゴースト ナイトハウリング

などのカテゴリーカードも見られます。

出張パーツになっているカードも多いので何かしら利用方法もありそうですね。

ただしシンクロの縛りがある分インフェルニティリベンジャーのいるインフェルニティや純DDでは運用を気をつけましょう。




②の効果は悪魔チューナーをサーチする効果。

こちらは墓地に落ちたターン使用できない縛りがありますが、リゾネーターを素早く手札に加えつつシンクロの後続確保を行える効果です。

ジャックデッキにおける4枚目のコールリゾネーターとして有効活用しましょう。

悪魔の嘆きとはリゾネーターの墓地送りにも対応している分優秀なサポートカードとして使用できるだろう。


また大半の悪魔チューナーをサーチ出来るため、デカトロンを手札に持てるインフェルノイドにも優秀な一枚です。

壊れすぎず、ジャックや悪魔族シンクロデッキを助ける一枚として今後に期待できそうです!


しかしこのプレミアムパックのジャックカードの流れは、変容王ヘルゲルや呪炎王バーストカーズド、紅蓮王フレイムクライムもワンチャンくるかもと思ってしまいますね(笑)

image




シンクロコールについて

これは凄いカードですね(KONAMIかん)。

漫画版ジャックの遊星とのラストバトルのようにバトルフェイズにチューニングできるカードが増えましたね。

しかも緊急同調と違い、タイミングを選ばずにシンクロが行えます。

ドラゴン及び悪魔族縛りの為、なんでも自由にとはいきませんが…ことレッドデーモンにおいてはかなりの戦力増強になります。



このカードの注目すべきポイントは蘇生してシンクロを一つのカードの処理の流れで行うということと発動条件がフィールドのモンスターとシンクロできることです。

蘇生してシンクロまでが処理のため、クリッターの墓地へ送られた場合の効果を発動できますし、スカラマリオンなどの場に別のモンスターがいると出せない彼岸モンスターの効果も使用できます。

当然シンクローンリゾネーターのリゾネーター回収効果も含まれます。

要するにクリストロンクオンの効果処理と同じです。


さらに発動条件の「シンクロできる状態である」の緩さ。

これは墓地のモンスターを蘇生させてシンクロなので、実質場と墓地にチューナーか非チューナーがいるだけで条件が揃います。

この条件が満たされた場合、場のモンスターがシンクロコールにチェーンされて除去されても墓地のモンスターは蘇生されるのです。



image


さらには場のモンスターであれば問題ないため、対象にしたモンスター以外の場のモンスターカードでダブルチューニングもできます!




今後ジャックのデッキも大いに活躍することでしょう。

私も早速デッキに投入して試したいと思います!



ではまたっ

・(ェ)・ )ノシ
ついったーやってます↓
@kikikinokuma3

↑このページのトップヘ